スポーツ

サッカー日本代表はポーランド戦で油断してはいけない!

今年のワールドカップ、初戦こそ波乱傾向だったが以降はややランク通りに見えます。

アルゼンチンも突破し、その傾向が見えてきましたね。

そんな中でグループHは最上位のポーランドが唯一の敗退決定。

最も大波乱と言えなくもないでしょう。(ロシアも波乱ですけどね)

 

そんな相手に、日本代表はグループ突破をかけた試合が行われます。

テレビを見ては、日本チャンス大といった意見が多くありますがどうでしょうか。

正直僕は難しいかもと感じています。

ポーランドは完全に格上という事を忘れてないでしょうかね?

このままで帰れるのか

ポーランド代表が、この結果に満足するとは思えません。

楽観的に見れば、敗退が決まってメンタルはボロボロ。

日本チャンスだという意見も分かります。

 

しかし、あれだけ強い国の場合はどうでしょうか。

このままでは帰れない、絶対に勝たなければという風になるはず。

立場は少し変わりますが、アルゼンチンもメッシが奮闘。

結局グループ突破を決めました。

 

何のストレスも感じないポーランドほど、怖い物はないはずです。

失うものがないという強さ

レバンドフスキ選手を中心に、ポーランドは攻撃のチームです。

そんなチームが、失うものがない状態になればどうでしょう。

今までの試合の中で、最も厳しくなるような気がしますよね。

 

日本代表は、そういうわけにはいきません。

勝つか引き分けでグループ突破。

ミスして負ければ敗退と、かなり厳しいプレッシャーが存在します。

2試合目で決定させることの重要さが、ここで分かりますね。

 

失うもののない世界ランク8位。

それを大きなプレッシャーを感じながら戦うランキング61位の日本。

こういった構図になると考えてイイでしょうね。

厳しさが多少伝わったと思います。

リラックスできているかで大きく変わる

日本代表が勝つ条件として、雰囲気はかなり重要になると思います。

リラックスできているか、プレッシャーにつぶされないかで、結果は違うでしょう。

特に大事なのは前半15分。

この立ち上がりでの戦い方で、だいたいの内容が決まってくるでしょう。

 

凄まじい攻撃を受けると予想しますが、どの程度跳ね返せるか。

どれほどボールが持てるかが最大の注目。

経験豊富な日本のメンバーの手腕が問われるでしょう。

勢い武器に突破を目指してくれ!

最後になりますが、日本代表には勢いという最大の武器があります。

戦い方もある程度決まっているようですし、実力差をひっくり返せ!

今大会は組織力が大きなカギを握っているように感じますからね。

日本にも向いているでしょう。

 

まずはレバンドフスキ対策。

そして奇跡のグループ突破を、ぜひ果たしてほしいです。