スポーツ

サッカー日本代表対カメルーン代表の試合終了!0点引き分けも高評価

カメルーン代表との練習試合、日本代表は全員が海外組という事で注目を集めた1戦でした。移動に関してはそこまで影響なく、日本代表の選手たちも動きは初戦から良かったと思います。重さもなく開始からよく動けていました。

勢いは日本の方が長い間あったとおもいます。そうなると得点が欲しかったところですが、最後の最後でうまくかみ合わなかったりと、次に向けた課題は見つかりました。失点も0で押さえたわけですから評価していいでしょう。

吉田麻也選手の安定感が素晴らしく、冨安選手も動きやすい状況だったのではと思いましたね。バックパスも少なく、自滅のようなミスパスもそこまで多くは見られませんでした。ただしハイプレスをしてくるチームが相手だった場合は気になりますね。

全体的には高評価ですが、次は得点シーンが見たいところ。この試合を参考にしつつ、次はしっかり仕上げてくると思うので楽しみですね。久保建英選手も最後素晴らしい判断でシュートを選びました。

試合勘が更によくなれば、パスをカットされる回数も減らせるのかなと思います。スタミナの必要な激しい試合でしたが、極端に止まることなくよく動けました。最後の部分でフィニッシュに重点を置ければ、次はゴールが見られるはず。

フィジカル能力の高い相手に戦えたのですからホボ合格といえるでしょう。次は勝利が出来れば絶対合格ですね。今回見られなかった選手も見てみたい、素晴らしいメンバーたちだと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です