暮らし

消費税5%の可能性も?コロナ影響し世界が動く中日本はどう判断する

コロナが影響し、世界中で大きな動きが出始めています。ヨーロッパが多いですが、イギリスでは外食の消費税減やドイツも消費税減を決定。さらにスペインではベーシックインカムを導入すると。

このベーシックインカムですが、簡単に説明すると「政府が国民全員に対して背且つできる最低限の金額を定期的に支給する」というもの。今回日本でも10万円が給付されましたが、近いものだと思えば理解しやすいでしょう。

このように海外ではコロナの影響を受け、様々な取り組みを開始しようとしています。もちろん、日本以上にスペインなどはダメージを受けていると思うので差があって当然という意見もあるでしょう。

しかし日本で行った分かりやすい事と言えば、10万円を支給してマスクを配った。この2つですよね。そしてさらに、このマスクを配ると決めているそうです。一般企業なら潰れるであろうほどの勘違いでしょうか。

もちろん、何か考えがあって配るのでしょうが、どう考えてもそうじゃないだろう感。1回目から必要ないという人が多かったのに、それを2回行うとか押し付けですよね。

菅官房長官はこの消費税減税に慎重な発言をしており、変わるとしても当分先かなという印象を受けました。説明は「社会保障のために必要」という事ですが、なにも0にしろと言っているわけではないですが。

8%か5%あたり、これだけでもある程度消費は回復するでしょう。なのに望まれないマスクは配り、何度も求められる減税には動き無し。コロナ関連の動きを見て国民がどう感じたか、それは次の選挙でハッキリするでしょう。

TIKTOKなどの中国製アプリが使用不可に?インドに続き日本でも自民党の議員連盟は、中国製アプリの利用を制限するよう政府に提言するというニュースが入りました。その理由は「利用者の個人情報が中国政府に渡...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です