考え

ギャンブルの還元率を比較!数字だけで判断が危険な理由とトラップも

今このページを見ているあなたは、おそらくギャンブルに興味を持ち始めた方か、勝てなくてイライラしている方のどちらかでしょう。僕も負け続けた時には、こういったリアルな数字を見に来るクセがあるので気持ちは痛いほどわかります。

さて、実は日本のギャンブルには割としっかりした数字でデータが発表されています。今回はパチンコ・スロット、競馬、競艇、オートレース、競輪、そして宝くじの還元率を紹介。その後、この数字についても少し説明します。

この中で数字上最も良心的なのは、実はあの意外なギャンブルなんですね!

日本のギャンブル還元率ランキング

では早速ランキングを発表します。上位なほど、勝てる可能性が高い・還元率が高いという事ですので、よろしくお願いいたします。

1位 パチンコ・パチスロ 80~85%

2位 競馬        70~80%

3位 競艇と競輪     75%

4位 オートレース    70%

5位 宝くじ       46%くらい

とまぁ、この通りになるわけですね。1番数字上儲かるのはパチンコとパチスロでした。競馬に差があるのは、馬券の種類によって差があるためで、最も低いのがWIN5で単勝と複勝が一番高い80%ですね。

1位に関しては本当かって声が聞こえてきそうですが、お店によって設定も違うようですが基本的にはこのようになっているそうです。ですが、ここで1つ疑問が出てきますよね。それについても書いていきます。

1位のパチンコ・パチスロへの疑問

これは個人的に感じることで、ハッキリとしたデータがあるわけではないのですが。ギャンブルでお金を失った人の多くがパチンコやパチスロの人、というイメージがあります。僕だけでしょうかね。

実際には一番負けにくいギャンブルだったわけですが、ここに数字上の罠があると考えました。ようやくタイトルを回収ですが、依存症の多くがパチンコ系なのはやっぱり気になります。

これら還元率というものは、目安としていくらくらい負けるかが分かります。80なら1000円使えば800円戻ってくると。ただし、これを短い期間に何度も繰り返し行えば最後は自然に0になっていくという罠もあります。

パチンコやパチスロは、その他ギャンブルに比べると短時間の間だけでもかなりの回数回しますよね。競馬なら1日の出走回数も決まりますし、宝くじに関して言えば、ジャンボ系なら年に数回。

パチンコなどの場合は、いつでも遊べて短時間に何度もゲームに参加できてしまうんです。その中で、時に当たりを見せることで勝てる雰囲気を与えます。しかし何度も参加してしまう分、80%のゲームを繰り返し行ってしまうという罠があります。

気が付いた時には0に。こういう流れがあって、見事に負ける流れがしっかり作られているんですね。勝てる人は、しっかり狙いを定めたうえで無駄打ちをしない人だと思われます。勝ち逃げというやつですね。

株式投資で失敗を避けたい!日本ではなく米国株を買う際のバイブル本コロナや災害で今のままでいいのか、収入についてやお金について考え始めた人も多いでしょう。数日前の記事では、お金持ちになるための方法や考え...

趣味でオススメは公営ギャンブルか

結局、趣味程度で遊ぶ分には公営ギャンブルがオススメかなと思います。同じ3000円なら競馬や競艇が、それなりに満足感あると思います。一方のパチンコなどでは、この金額で辞められる人は少ないと思われます。

宝くじもアリですが、的中確率を考えるとオススメとは言いにくいですね。ただしジャンボ系などは、他のギャンブルにはない一発逆転要素があり、持っている間ドキドキできる特典もあります。

そういう意味では、3000円でも結構満足できるのかなと思います。それに期間が年に数回ですからね、ロト系になると話は少し変わりますが、満足度は高いのかもしれません。

・パチンコ・パチスロは数字は悪くないが、回数が多くなりがち

・バランス的には競馬や競艇がオススメ

・ジャンボ系宝くじも満足感はあり

という感じですね。宝くじは例外的ですが、その他のギャンブルでは確実に勝利している人もいる。もし勝ってみたいと考える方は、しっかり勉強してから望むのもアリですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です