スポーツ

【アジア競技大会】日韓決勝戦となったサッカーは人生をかけた戦い

サッカー好きの僕には、まさにすごい決勝になりそうだ。

日本のメダルラッシュが連日報道されているアジア競技大会。

その大会の男子サッカー代表選が、まさに決勝を迎えようとしている。

 

日本代表の条件は一見不利である。

そもそも、この大会に出場している日本代表はU-21である若きサムライたち。

対する韓国は代表経験豊富で、実力もあるソン・フンミンを擁している。

 

これでも不利であるが、韓国にはどうしても負けられない理由があるのです。

それこそが、兵役免除である。

韓国では、大会優勝時にのみメンバー兵役義務が免除されるそう。

 

ほかの選手もそうですが、ソン・フンミン選手の兵役はかなり勿体ない。

これは一サッカーファンとして強く感じます。

あれだけのスキルを持った選手がサッカーに関われなくなるなど不利益でしかない。

しかし、ルールがある以上は仕方ない。

 

では、日本を応援しないかと言われればそれも間違い。

僕は、ただただいい勝負が見たいんです。

そのあたりの事に関して、会見でいい発言が出たようですね。

 

その発言主は三好主将から。

サッカーに人生を懸けているので

この一言で、いい試合が見られそうだと感じることが出来ましたね。

 

韓国は勝たなければいけない理由も、準A代表のメンバー構成というアドバンテージも持っている。

でも気合だけは負けていない。

そのことを感じさせてくれる発言だったと思います!

 

強い気持ちを持った両国の試合、絶対に見逃せません。

決勝戦は本日9/1の20時30分からです!!!