スポーツ

【サッカー】日本代表が本当にピンチ!ベトナム相手になんとか1得点

ベトナム代表の選手に弱いと言っているわけではないですが、それでも先日の日本代表戦を観ていて、もう少し点を取る必要があったと言わざるを得ないと思います。事実、同グループのほかの代表は複数得点しています。

特に日本代表は、1試合で獲れるゴールが本当に少なく、正直2点取られたら負けという雰囲気すらありますね。相手が強豪だろうが、そうでなかろうが、とにかく点を取れない。この事実は無視できないと思います。

日本代表の目標は、一応ワールドカップベスト8以上のはずですよね。アジアの自分たちよりだいぶ下のランクのチームから1得点しかできない、はたして世界の強豪と戦えるかと言えば。

選手選びについても、やはり苦しいところが今回も見えました。古橋選手を先発で使わない、これは徹底されてますし、国内で実績だして好調な選手はまさかのベンチ外。セットプレーからチャンスを作れる選手が見られなかったなど。

試合は勝ったのに、なぜか不安な点ばかりがクローズアップされます。よかったと言えば、伊東純也選手がいるという事であり、チーム伊東、作戦伊東とまで言われてましたが、個人的にもそう感じますね。

次は因縁のオマーン戦、ですが向こうも自信を持って挑んでくるので、簡単な試合にはならないでしょう。監督に関しては、ベトナム戦で大きな作戦変更なども見えなかったので、そこまで変化はないでしょうね。

強いて注目すべき点を挙げるなら、使わなかった選手を今回使うのか。そしてどう使うのか。頼みますから、先発発表でいきなり肩を落とさせるサプライズを発表しないでほしいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です