株・投資

12/16指数発表は下落の始まり!下降トレンドはまだ続きそうだ

12月15日のアメリカ相場と日経を振り返りつつ、今後について簡単に書いていきます。まず振り返りですが、ダウは2.25%の下落、ナスダックは3.23の下落となりました。残念ですが、FOMCで不安視された発言から、それを思わせる指数の発表でトーンダウン。

勢いはないですよね、経済はまだ比較的強く、政府はインフレ退治に力を入れるのだろうという判断。ドル円の動きを見ると、ドルがまた買われているので強さを見せています。これは株にはマイナス材料、経済良くて売られるパターは続きます。

木曜日がこの動きなので、金曜に反発で一気に上がるのも考えにくい。一応、リターンの買いも期待はしてますが、過度な予想は禁物で、上がれば売られるという覚悟や想定は必須。今は強気で買いに行くことは、あまりできないと思います。

日経もアメリカの動きを受けてマイナスですが、アメリカほどはやはり下げない。ただ上がらないんでね、これをどう評価するという話。円安になれば買われるパターンもあるので、ドル高からの株の多少の強さは期待できますが、さすがにアメリカの下げが厳しいので。

特に大型株は被害あるでしょう。一方の中小、これは銘柄次第では上がりそうですが、例えばエニーカラーは決算で下方向かなと思います。数字は悪くないと思いつつも、不安材料が強く見られそうです。相場環境ですよね、昨年等の強気なら、評価されてただろうなと。

この企業も、既にマザーズでは時価総額トップクラスなので、印象としてはあまり良くないなと。ビジョナルもかなり動いてましたし、本当に環境次第で決算はどうとでも評価されますね。これが投資の怖い部分です。

少し早いですが、投資家にとって恐ろしい2月の相場が近づいてます。過去を見ても弱いので、今のこの状況が悪化すると考えるとビビりますが、それくらいがちょうどいいかも。ダメージを最小限にできるよう努めていきましょう。ロスカット、損切も少し厳し目でいいかもしれません。

【日本株/米株】投資検討したい52週高値付近のウォッチリスト銘柄この記事では、日々更新して投資を検討しているウォッチリスト銘柄を公開していきます。投資を実際にしたかどうかは、ツイッターで一番早く公開し...
2022/9投資初心者へ!株に興味持った人に今知ってほしい事2022年9月がもう少しで終わろうとしています。9月と言えば、1年を通して株式投資が難しい時期というのが常識です。アメリカの平均的な株価...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。