スポーツ

サッカーロシアW杯でまたも波乱!ロシアがスペインにPK勝利

大波乱も見られる今回のワールドカップ。

またもや、その波乱を起こしてくれましたね。

地元開催の影響か、スペイン相手にジャイアントキリングを達成したロシア。

素晴らしい結果に、今大会最大のダークホースになるでしょう。

試合内容は

当然のように、主導権はスペイン。

70%を超えるボール支配率で、ロシアは守備に集中。

これは世界ランキング通り、実力通りでしょう。

ロシアも当然その覚悟であったでしょうし、カウンター一発を狙っていたと思います。

 

先に点を取ったのは、やはりスペイン。

ロシアのゴール前を襲うと、選手の足に当たりオウンゴール。

守備がメインのロシアは厳しくなります。

 

しかしそれでも、ロシア選手は諦めません。

スペインの隙を探すような試合をし、コーナーキックを獲得。

それをヘッドでシュートしたボールが、スペインのピケの手に当たりハンドの判定。

ロシアはPKを獲得します!

 

冷静にキーパーの動きを確認し、引き分けに戻します。

そこからは再びスペインが攻め始めます。

 

しかし、集中した守備を崩せず後半戦も終了。

試合は延長戦になってきます。

ロシアの監督は選手交代を多く行い、攻めた采配でした。

延長戦に入ってすぐ最後の1枠を使いましたね。

 

そのおかげもあり、スペイン相手に引き分けで延長戦終了。

ロシアの狙い通りに試合は動きます。

この時に振り始めた大雨は驚きましたね。

 

延長戦が終わり、ついに試合はPKに。

ロシア、スペイン両国とも2人が決めていきましたが、3人目で変化。

スペイン3人目、コケが放ったシュートはロシアのキーパーに阻止。

試合は大きく動きました。

 

互いに4人目が成功し、勝負の5人目。

スペインのイアゴアスパスがシュートするも、キーパーが足で好セーブ。

完全にボールを見て判断してましたから、恐ろしいキーパーですね。

 

結果1-1(PK3-4)で試合終了。

世界ランキング差60を見事ひっくり返す試合になりました。

彼らの闘志は凄まじかったですよ。

試合終了で感じた

ロシアのサッカーは諦めを知りませんw

それが彼らの個性なのか、それとも自国開催故なのか。

どちらにしても、あちらのブロックが安パイという考えは終わりました。

スペインを破ったことは、確実にロシアの自信になるはず。

 

今大会で最も注意が必要な国のような気もします。

ワールドカップは気持ちの勝負!

技術以上にメンタルが注目ポイントですよ。

 

日本の初戦ベルギーは圧倒的に強い相手。

それでも気持ちという点で負けなければ、何かは起こる。

そう感じさせてくれたこの試合でした。