スポーツ

2020有馬記念はクロノジェネシス!上位から見える今年のトレンド

1年を締めくくる競馬の総決算、有馬記念が終了し中央競馬の2020年は幕を閉じました。勝利したのはファン投票で最多の支持を受けたクロノジェネシス。人気も当然集めましたが、素晴らしい騎乗もアリ1着。

着差は上位3頭それぞれ大きくないですが、それでもインパクトある勝ち方でした。それは追い込んできた勢いのあるサラキアのおかげかもしれませんね。完全に勝てるかもしれないような勢いでしたから、余計にゴール前は白熱。

そして、終わってみれば牝馬のワンツーでした。これが今年のトレンドですよね、当サイトでも以前書いてますがとにかく牝馬が強かった1年。牡馬クラシックはコントレイルが勝利して3冠でしたが、古馬の混合戦ではラッキーライラック、アーモンドアイ、グランアレグリアと止まらない。

そこに春のグランプリ、宝塚記念もクロノジェネシスでしたから牝馬だらけですよね。斤量で恵まれるとはいえ、この成績はかなり偏りを見ました。思えば、凱旋門賞も牝馬が強いが有名になってますからね。

これは日本だけでなく、世界的なトレンドなのかもしれません。ダートに関しては牡馬が強かったりするので、芝が牝馬寄りになっているという感じなのでしょうか。これは研究のし甲斐がありそうです。

2着サラキアの鞍上は松山弘平騎手。3着ルメール、4着ラッキーライラックは福永騎手。これはもう今年成績出したジョッキーで上位でした。こういうところも、なんだか有馬記念らしいです。3冠馬騎乗の2人に、アーモンドアイのルメール騎手。グランプリハンターの勝利。

なんだかんだ言って、やっぱり有馬記念はいいレース。世界で一番売れたというのも分かる、そんな結果だと思いました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です