スポーツ

【ラグビーワールドカップ】ウェールズ代表1点差でフランス代表下す

日本代表が試合を控える中、注目の1戦ウェールズ対フランスは激戦となった。前半で調子の良さを見せるフランスに対し、ウェールズはランキング通りの試合が展開できず苦戦。ネット上でも、フランスの方が強いかもという意見が多くあった。

状況が変わったのは、フランス代表の選手にレッドカード、つまり退場者が出てしまってから。調子のいいフランス代表といえど、欧州王者のウェールズ代表相手に1人数で負けては厳しい流れ。

それでもなんとか試合を進めましたが、意地を見せるウェールズの攻撃に耐えきれずトライを与えてしまい試合終了約10分ほど前に逆転。キックも決め、点差は僅か1点でした。

しかしこれは予選でなく、点差など関係ない。この1点によって次へ進めるかそうでないか、明暗ハッキリ分かれる結果となりました。あのまま退場者ナシならどうなっていたか。タラレバは良くないですが、考えてしまいます。

しかし勝ち切るウェールズも流石。日本代表対南アフリカ代表、どちらかがこのウェールズ代表と対戦する。それが日本なら、これほどうれしいことはないが果たしてどうなるか、まもなく試合が始まりますが、ワクワクしています♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です