スポーツ

オークスは無敗の2冠達成デアリングタクト!ダービーも無敗馬がVか

2020年オークスは少し寂しいですが無観客で開催。結果は無敗の牝馬2冠を達成した桜花賞馬、デアリングタクトの差し切り勝ち。前が壁になるなど不安も少し見せましたが最後は一気の脚でした。

桜花賞でも鋭い脚でしたが、それを東京でも見せつける結果に。前の馬に展開は向いたように見えるも、この馬のみ追ってきたところを見るに、能力が違ったのかなというのが正直な印象。

一方で、ディープインパクト系の産駒は数多く出走するも4着が最高という予想外の結果に終わりました。一気の脚よりもスタミナが必要とされる展開だったのでしょうか。ロベルト系のワンツーを見るに、そう考えてしまいますね。

さて、実は来週のダービーも無敗馬が記録に挑戦します。牝馬に比べると達成の数は多いですが、まずは無敗の2冠馬を目指すコントレイル。東京に不安はなく、距離もこなせるでしょうから強いです。

ただしオークスの結果をどう考えるかで予想は分かれそう。特に血統面ですね、これは土曜日の結果などもしっかり確認して予想した方がいいでしょう。オッズはどうなるか、サリオスもいるため気になるところですね。

【競馬】皐月賞は無敗のG1馬同士で決着す!ダービーへ向けて注目は

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です