暮らし

今度はイソジンパニック?うがい薬が店頭から消えるも転売は危険

コロナウイルス対策に効果ありと発表されてからか、うがい薬が店頭から姿を消しました。個人的には、マスクの時から全く反省や学びがないなぁと思うのですが、本当に欲しい人にとっては辛いですよね。

ただしマスクと違うのは、うがい薬に含まれるポビドンヨードが医薬品に該当するという事。これは販売許可を得ずに勝手な転売をした場合違法になるというものです。今まではグレーな行為でしたが、これに関しては現在の法律でもアウトになります。

なのでむやみやたらに、稼ぐチャンスと仕入れても無駄ですね。というか、それ以上に損失を被ることになります。ちなみに無許可での販売は、3年以下の懲役または300万円以下の罰金が科せられるそうです。

ポビドンヨードが含まれていないものは、現時点では法律違反ではない。ただし今後変わる可能性はありますし、ネット上での取引は全て情報がストックされるので身バレする可能性はいくらでもあります

目の前の小銭稼ぎのために、今後将来的にドキドキしながら過ごすのは、あまり良い事とは言えないでしょう。そういった点にも注意して、考えて行動してみてほしいですね。

TIKTOKなどの中国製アプリが使用不可に?インドに続き日本でも自民党の議員連盟は、中国製アプリの利用を制限するよう政府に提言するというニュースが入りました。その理由は「利用者の個人情報が中国政府に渡...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です