スポーツ

無敗の3冠馬牡馬牝馬2頭出るか!デアリングタクトが史上初に挑む

明日10/18の中央競馬では、京都11Rにて牝馬3冠ラストである秋華賞が開催されます。桜花賞にオークスを無敗で制し、史上初の快挙に挑みます。その馬の名はデアリングタクト

1300万円で取引されたこの馬の、実力を見切れていた人はほとんどいなかったはず。しかし1戦ごとに強さを見せ、桜花賞では上位人気に支持されました。

ここまでのレースは簡単ではなかった。道中不利を受けたりもした中でいまだ無敗。本当に強い馬とは、どんな条件でも上位に来られる馬といえるでしょう。そういう意味では、現状この馬が最も強いと思っていいでしょう。

前哨戦を使わずに直接狙う無敗の3冠。アーモンドアイもこのローテーションで牝馬3冠を制しました。雨の影響も残るでしょうが、桜花賞での走りを見ると心配は少ない。

鞍上はしっかりと実力を土曜の重賞で見せた松山弘平騎手ですからね。あまり緊張していないという事で、無敗の牝馬3冠へ向けて隙はあまりないといえるでしょう。競馬界を盛り上げる存在へ、その第一弾となることを期待しています。

日本馬が凱旋門賞を制するためには?悲願達成のための2つのポイント日本競馬界において、凱旋門賞の制覇は悲願となっています。海外遠征のための知識などはかなりついてきており、凱旋門賞に限らずドバイや香港、韓...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です