暮らし

自分の犬が手や足を何回もかんでいたら要注意!気にすべき2つの事

僕の家にもペットの犬がいるのですが、犬って自分の手や足をかむことありますよね。

これが稀であり、綺麗にする目的ならいいのですが、実は危険のサインという事も。

もし何回もやっているのなら、これら2つの事に気をつけましょう。

犬が手や足をかむ理由かも~1つ目~

まず1つ目の理由としてはストレスが考えられます。

人で考えても、イライラしてる人が自分の爪を噛んだりしていることもあるでしょう。

これと同じで、犬もイライラすると自分の手や足をかむそうです。

 

実際、僕がしつこく撫でると手を噛み始めますw

あまり良くないですが、ストレスを感じているという事ですね。

 

あまりに噛んでいる場合は、ストレスの事を考えて放置してあげましょう。

ストレスの有無で寿命も変わりますからね。

犬が手や足を噛む理由~2つ目~

2つ目の理由はケガです。

何か違和感がある、何かが刺さっているなど、様々な理由が考えられます。

僕の犬も、軽いけがをしたとき、赤くなるまで噛んでいました。

 

いつもと違う、あまりにも噛んでいると感じた場合は、ケガの可能性もしっかり考えましょう。

自分で薬を買いに行くのもありですが、出来る限り病院で見てもらうことをオススメ。

特に散歩の後などに噛み始めた場合は、ケガの可能性が大きいですよ。

綺麗にするための行為でもある

これら2つは、該当すると寿命などに直結するものでした。

しかし、当てはまらない場合にも手や足をなめたり齧ったりします。

猫もそうですが、犬も手や足を綺麗にするため舐めることがあります。

 

匂いをつけるためとも言われますがどうなんでしょう。

なのでこういった行為は非常に見るため油断しますよね~。

 

ですから、あまりに回数が多いときのみ疑う事がポイントです。

僕の犬は足を怪我した際、10分間で2回くらい噛んでました。

結構犬は分かりやすい行動をするので、サインを見逃さずにいてあげましょう。

 

普段の行動を把握することで、変化にも気が付くはず。

大事なペットをぜひ自分で守ってあげましょう^^