暮らし

一攫千金を狙う年末ジャンボ!高額当選者の傾向とは

最近、宝くじについて少し書きましたが、そもそも当たらなければ意味のない物でしたねw

そこで、自分も毎年購入している年末ジャンボというものがあります。

時期もそろそろで、当選したいなというフワッとしたものが芽生えてきて。

 

そこで気になったのが高額当選者の傾向について。

知ったところで仕方ないというものは置いておいて、自分でも何かできることがあるのかも。

そんなものを紹介してみようと思います。

宝くじの高額当選者傾向

まず気になったのは職業ですかね。

そもそも、どういった人が多く買っているのでしょうか。

テレビでは、サラリーマンも多く購入しているように見えますね。

 

実は、当選者が一番多いのも会社員でした。

ちなみに二位が無職の人という事。

なるほどと納得しましたが、一位と二位ではその数に大きな差が。

 

働いている人に大きなボーナス。

まぁ、参加者も多いとはいえ会社員が一位というのは良い世の中ですね。

当選後に無職になる人もいるでしょうがw

毎回いくら使っているのか

次に気になるのは金額ですよね。

テレビの企画では、100万円使えば当たるのかとか、財力に物を言わせる方法が多く見られます。

見てる人も楽しい金額ですしね。

 

しかし実際に的中を見れることはないですよね。

実は、最も高額当選者が多い金額は9千円なんですよ。

驚きでしたね。

 

100万使っても当たらないが、一方で9千円が最も当選している。

つまり、宝くじは巨額の投資が必要ではなく、買う勇気の方が重要であるという事。

ちなみに、9千円で買える枚数は30枚です。

 

そして、次に当選者が多いのがなんと10枚という事!

つまり3千円ですよ。

それが数億円になるとは、これこそ宝くじですね。

その他の面白データ

主に知りたかったことはこれくらいでしたが、これ以外にも面白いデータが多数。

例えば、有名な話で売り場によって確立が違い、人気の売り場もある。

テレビでもよく紹介されていますよね。

 

そりゃ購入者が多ければ、当選率も上がるだろうとも思うのですが。

尋常ではないというエリアもあるそうで、侮れませんね。

 

後は、猫を飼っている人が当選しているという噂も。

昔から猫はお金を招きますからね。

また、猫が多くいる島というのがあって、これもまた宝くじの時期には重宝されています。

 

さらに、宝くじの保管場所についても話題になりますね。

神棚や机の引き出しなどで、高額当選者は多く保管しているよう。

昔見たテレビでは、当選者が毎日枕の下に入れて寝ていたという話も。

 

大事に保管している人に当たりが出るらしい。

自分のこだわりの方法で、しっかり保管しておきましょうね。

 

このように、当選者の統計というのはほかにもあります。

細かなデータは紹介しませんが、気になればチェックしてみては。

数億のためにできることは全てやっておく。

 

そんな人がいてもイイのでは。

とにかく、年末ジャンボまであと少し、来年には大金持ちになっているかもしれませんよ♪