株・投資

株式投資の初心者でも!ゼロから学ぶアメリカ株おすすめ注目ポイント

これまでに何度か、自分が保有している銘柄を公開してきました。つい最近公開した銘柄では、偶然にも日本株が一切なく、ついにアメリカ株オンリーになってしまったと。

12/22時点の保有銘柄を紹介!唯一の日本株ZUUも売却で米限定少し間隔があきましたが、またまたやります、現時点の保有銘柄の公開。前回からはまた少し変化があるので、あなたの資産運用に何か一つで参考にな...
昔と違い、今は情報を集めようと思えば集められるし、配当の高さが魅力の米国株はオススメする人も多くなってきました。そこで、投資初心者でもいきなりアメリカ株買って大丈夫なのか?

不安に感じている人も多いでしょうから、株を始めたばかりの人でも安心して投資できるよう注目すべきポイントを絞って解説。また、米国株投資のメリットとデメリットもこの際に紹介しておこうと思います。

米国株のメリット

まずはメリットですが、まずは先ほど書いた通り高配当銘柄が多い。日本に比べ、株主に利益を還元する意識が高く、アメリカでは企業は株主のためにあるとも言われています。日本の場合だと、社長と回答する人が多かったみたいですが。

それほど、株主に対してしっかり考えられていると。僕たち投資する側からすると、やはりそっちの方が利益は大きそうですよね。毎年配当を上げているという企業もアメリカでは多く、日本では花王くらいだそうです。

以前公開した僕の保有銘柄、コカ・コーラも配当の良さで知られています。このような企業は、長期で保有する人も増えるため、企業にとっても僕たち投資する側にもメリットがあり、ウィンウィンと言える関係になるんです。

また、日本に比べ企業の成長率が高いです。アップル・アマゾン・マイクロソフト・アルファベット(グーグル)などなど、これら全てアメリカですよね。

日本の株価は、基本上下するものですがアメリカは右肩上がりであることも多い。株主に対する恩恵もあって、なおかつ成長率もあるならメリットだらけです。米国株投資が人気な理由がわかりますね♪

米国株のメリット

・株主を大切にし配当が高い

・成長を続ける企業が多い

米国株投資のデメリットも

では、一方のデメリットは何かあるのか。もちろんデメリットがなければ最高ですが、分かりやすいところでは為替のリスクが発生します。あなたがアメリカで生活しているなら関係ないでしょうが、おそらく日本ですよね。

同じ利益が出たとしても、1ドル100円で投資した時と1ドル110円で投資した場合だと、日本円にした際の儲けが変わるので注意です。なので投資したい会社が見つかっても、一応はドル円相場は確認しておく方が良いでしょう。

とはいえ、デメリットと言えばこれくらいなので、しっかり利益を出してくれる会社に入れておけば成長力があるので大きな問題にはならないでしょう。

アメリカ株おすすめの企業探し

今回紹介するのは、あくまでも僕が自分で行っているものなので、参考程度でお願いします。というのも、世界には成功者がたくさんいますが、それぞれ投資法や企業探しの仕方が違うからです。

成功する、儲ける方法は1つではなく、それぞれの人に合った方法が存在すると思ってます。例えば、長期で投資するか短期で取り引きするか。これだけでも意見分かれますからね。

で、僕の場合ですが狙いは基本「成長性のある企業」になります。大企業で安定している会社も探すときはありますが、割合としては8:2くらいで成長株を探します。では、成長性のある企業とはどう探すのか。

注目は新しい企業です。ここで言う新しいとは、起業からの年数も含めますし、上場してからという意味でも使います。分かりやすいのは上場のほうですね、中でも5年以内という企業は可能性の塊です。

また、見るべきポイントは会社の社長です。CEOですが、その会社の株を最も持っている人物であるなら、さらに魅力的です。なぜなら、社長の意志で会社を動かしていけるからです。意思決定から行動までが早く、成長力が高まりますからね。

更にもう1つ、見るべきポイントは会社のお金を稼ぐ力です。それをどう見るかは、初心者でもわかりやすいポイントで売上高。これですね。利益を見るのもアリですが、売上高がなければ他も厳しいですからね、この売上高がきちんと毎年増えているか、これを見ましょう。

1.上場して5年以内の成長力ある企業を探す

2.筆頭株主が社長である

3.売上高をしっかり上げている

この3つのポイントは参考になるかなと思います。他にも、今トレンドで勢いのある業界の企業というのも熱いですね。コロナで加速した世界、ITや人工知能、今後は新エネルギーなどは人気ですから利益出やすいですね。例えばテスラも上がりました。

最後にまとめ

いかがでしたでしょうか、初心者の方でも分かりやすいであろうポイントを紹介したつもりです。僕も実際に使っていますが、今では米国会社四季報まで販売されていて、本当に身近になっている気がします。

もちろん、日本企業への投資にもメリットはあります。為替リスクないですし、実際の生活の中で理解しやすいなど。なので、特にこだわりがなければ両方ともに投資するといいでしょう。

リスク分散、仮にアメリカが不況になっても日本株があれば多少は安心材料になります。コロナで会社に依存する危険性が広まりましたが、それと同じように1つの場所に頼るのはリスク。うまく使い分けて投資するのがベターですよ♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です