株・投資

【日本株】いよいよココナラが上場!今後も需要拡大の期待は大きいが

今回の記事ではアメリカではなく、日本株について書いていきます。なかでも注目は3月19日に上場する「ココナラ」について。先月から上場するのは分かっていたのですが、あまり先に書いても仕方ないという事でこのタイミングで記事にしました。

テレビCMも何度か見てますから、何を売りにしている会社なのか、などはある程度把握できていると思います。似たような会社にはクラウドワークスなどがあると思いますが、そことの違いについても簡単に書いていこうと思います。

ココナラの強みは

ココナラの特徴といえばスキルの販売です。クラウドワークスなどの場合も似てはいますが、あくまでもビジネス、作業の代行などがメイン。ココナラは趣味や好きな事がお金になるというイメージで、スキル・知識の販売が可能なんです。

例えば面白いのが、占いというジャンルもあるようですね。こういったものは、中々クラウドワークスなどでは見られないかなと思います。

他にも悩み相談なども販売されているんですよね。このように多彩なジャンルが売買できるという事で、その幅の広さからも収益できる窓口の広さ・数の多さは他のサイト・企業とは少し違いがありますね。

ちなみに会員登録者ですが約180万人を超えているようで、今なお右肩上がりという事です。さらに付け加えると、実は今CMはほとんど使っていないようです。それでも変わらずに会員が増えているという事で、お金の使い方も上手そうです。

今後の展望は明るそう

数年先の未来というのは、どうせ当たらないので考えても無駄です。しかし、1年や2年なら考えて投資したいですよね。ココナラに関してですが、比較的明るいのではと思ってます。

まず1つ目の理由として副業の解禁ですよ。コロナ前からも動きはありましたが、今現在その流れは加速したなというのが印象。収益源が1つしかないことの怖さが身に染みたという人も多いでしょう。

その人たちがまずは気軽に、何か売りに出来ることは無いかと考えれば、それは趣味や好きな事、仕事で身につけたスキルですよね。そのスキルが活かせる場所の1つがココナラになります。

その他の理由で言えば、今後の技術の進歩が気になるところ。AIやロボットの出来ることが増えれば、会社としても人員を削って来るかと思います。そんな世界でどう戦うか、それが趣味や好きを武器にすることです。

何事もまぁまぁこなせる人が、これまでは評価されてきました。しかし人があまり必要無くなれば、求められるのは専門的な知識や技術。ココナラで戦えるスキルや知識がある人は、この先の世界でも求められる人材になれます。

良い会社だけどすぐに買うのは?

ここまではココナラのいい部分を書いてきました。時代の流れにも合ってますし、フリーランスを目指す人も増えているようです。では、これだけいい会社ならすぐに投資した方が良いのか。

あくまでも僕の意見ではありますが、まずは様子見をしてからでも遅くはないと判断しました。色々な要因はありますが、1つは今の相場が少し怖いという事ですね。明らかにIPO銘柄が買われており、人気に過熱感が見られます。

その影響か、2月や3月の始めの方に上場した銘柄はいったん下げていることも多いです。知名度はかなりあるココナラですが、慌てる必要はないでしょう。

また、決算を見てからでも遅くないかなと。業績に関しては赤字ですが、まだまだ投資などに資金が必要なフェーズですし、知名度を上げるためでしたのでその部分は気になりません。

ですが、上場後の大事な最初の決算を見てからでも遅くないですし、しっかりいい会社かどうか見極めてから投資するとリスクは低くなります。現時点は注目の銘柄ですが、ここは冷静に判断しておきましょう♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です