スポーツ

サッカーワールドカップアジア2次予選!ミャンマー相手に大量得点

サッカーw杯2次予選が先程行われました。結果は日本代表が10得点と大量のゴールで勝利、とはいえ、やはり力差はありましたね。ですが練習試合ではないので、スタートからメンバー揃えてきました。

相手からすれば、かなり厳しい試合になったと思います。自分たちが攻撃できる時間、どころかボールに触れる時間そのものがかなり限られていたと。得点以上に、終始守備で終わるのは辛いものがあるでしょう。

後半にはゴールキーパーの脚が心配になるシーンもアリ、フラストレーションは各選手溜まっていたのかなと思います。一方で、日本サイドからすれば想定通りの展開だったとは思います。

もちろん力差はありましたが、日本も色々な得点方法を見せることが出来、収穫はあったかなと思います。流れからのゴールや、セットプレーからのゴール。こういった結果は自身にもつながるでしょうから良かったです。

また、点を決めるべき選手が決めたのも評価できるポイント。大迫選手は出来すぎですね、それだけいいポジションに常にいるという事です。サッカーを経験した人なら、それがどれだけ難しいかは、分かると思います。

南野選手の相手を振り切ってのゴールも、かなりカッコ良かったですね。ただそれ以外も良くてですね、個人的には伊東選手のスピードと遠藤選手の1対1の強さは評価。速いだけでなく上手いですから、相手は相当対応に苦労しただろうと。

遠藤選手は、相手がカウンターに移ろうとするたびに止めていたという印象です。海外で最も1対1の強いプレイヤー、アジアとの対決では、正直負ける理由がないのかなとも感じました。調子の波があまりないのも凄いですね。

不安点は守備があまり見られなかったという事でしょうかね。前からのプレスで潰せてしまったので、今後攻められた際の流れなどは見てみたかったです。とはいえ失点はないので、評価はしてもイイのかなと。

久保選手を使わなかったことは賛否ありそうですが、最後まで真剣に戦っているのは見ていて感じました。繰り返しですが、練習試合ではないので、最後までビシッとプレーするという姿勢は特に評価しました。

本番まで1試合も油断していい試合はないんです。レギュラー争いも凄そうなので、こういった状況、環境は非常にいいなと思います。堂安選手などは特に燃えてそうなので、試合に出た際は注目でしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です