株・投資

【日本株】国内ドラッグストアが株価低下?売上高も減少で業界に注目

今回の記事は国内企業への投資に関するものです。テーマは「ドラッグストア」です。前年同期比に比べ、今年の売上高などが低調だという判断で、ここ数日売りが各社で見られました。

アオキホールディングス、スギホールディングス、ウェルシアなどなど、僕も過去に1度見て投資しようかと考えた企業もここ最近は冴えない株価です。ただ前年同期比は難しいですね、コロナで薬局はむしろ人気銘柄でした。売り上げも良かったですよね。冴えない

そこと比べるのは判断難しいのですが、見通しもあまり冴えない数字だったため3~4%の下落が見られたんですね。ドラッグストア全体的に数字が良くなく、このタイミングで売りが強くなるのは、理解しやすいです。

また、ドラッグストアでブームとなっていたと言えばいいでしょうか、食品などの販売も行っています。それを他社も始めたことで、結局価格競争になってしまったと。その結果が売上高に影響を与えていると見ることも出来ます。

そんな中でも面白いのがマツモトキヨシです。2日の日は下げていますが、0.4%なのでほとんど変化なしという株価。21年1月あたりから上下を株価が見せていますが、底はしっかりしていますし、上も3度ぶつかっていますよね。

ドラッグストア全体的に悪い中でのことなので、優秀なチャートを見せています。上に抜けるか下に抜けてしまうか、ここは様子見かなとは思いますが動きがあれば行動を検討するのはアリでしょう。

とはいえ、業界全体があまり良くない状態なのは事実。なので今安くなったからと慌てて投資するのは危険かなと個人的には思います。今後の見通し含め、決算をしっかり確認し、皆の動きを見てから判断しても、遅すぎることは無いと思います。今は危険かなと判断しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です