スポーツ

【サッカー】サウジアラビアに敗戦!3戦1勝1得点の恐怖と謎の余裕

ワールドカップに、日本が出場できない可能性が高くなっている。その理由は単純で、勝てていないからです。アジアは油断できない、皆がそう話しているのに、結果は現在の時点で3戦1勝2敗という事に。

サポートー、ファンからは監督にに対する不満が爆発していますが、協会からのメッセージは信じるの1点張り。さらには「まだ始まったばかり」という趣旨の発言もアリ、何を余裕ぶっているんだと更に怒りが増した模様。火に油の状況となっています。

個人的な不満点

ここからは個人的な考えですが、あのサウジ戦を見ただけでも監督のヤバさは見えたと思っています。実は僕は、これまで比較的監督に対しては優しかったと思いますw

擁護すべき点もある、そんな考えでしたがサウジ戦は相当ヤバかったと。例えば、先発メンバーも調子落ちのメンバーを何人も使ってました。それも、本人が力を出せるポジションから移して使っていたり。

試合の展開も、監督の作戦がわからない、そんな風に進んでいきました。当然策はあるのでしょうが、それが見ていてわからないのは、上手くいっていない証拠。

また、選手選考も不満は多いですよね。日本で絶好調な選手も無視、得点力ないチームで、国内得点王クラスの人間を使わないのは、余裕ぶっている感じが強い。というか、普段何を基準に選んでいるのかと、思ってしまいますね。

選手選びのサプライズがないのも、この監督の謎の部分。クラブで活躍し、実績上げても選ばれないのは、単純に何故だろうと思うし、選手からしても不満を持つだろうと思いますがね。

そしてサウジアラビア戦ですが、何度もパスミス、そしてボールを取られていた柴崎選手を使い続けた事、そして失点直後に慌てて交代させたこと、全てが残念でしたね。

後は後半アディショナルタイム、長友選手と中山選手の交代ですよね。負けてるチームが選手交代で時間使うとか、僕はほとんど見た事ないですけどね。しかもディフェンスを変えるとか、意味が本当にわかりませんでした。

推測になりますが、元々決めてたことで、たまたまその時負けていただけなのかなと。で、あるならば融通の利かない人だなと、そういう印象になりますよね。

選手の方が危機感上

その後のインタビューでも、キャプテン吉田選手の発言に対して監督は甘かったですね。吉田選手は進退まで話をしたのに対し、監督はフワッとした事のみ。何度負けようがいつも同じ発言で、ファンはもうガックリ。

会社などもそうですが、優秀な人間は客観的に状況などが判断できるので、早期退職を募集すると優秀な人間からいなくなるんです。そして、そんなことが分からない、他では通用しないと思う人ほど会社に残る

僕は吉田選手のインタビューを見て、この状況と似ているなと思いました。いつまでも責任をはぐらかす協会や監督、全力でプレーし、それでも負けた結果を重く受け止める選手。

このミスマッチ感が、ファンを怒らせている原因にもなってます。

現時点でオーストラリアとサウジアラビアが強さと勢いがあるので、本当に日本のワールドカップ出場は危機に陥ってます。ですが、こんな状況で行っても仕方ない、1度負けるべくして負ければと、敗退を望む声まで出ています

選手には届いている、しかし上は無視やはぐらかし。このちぐはぐさで今後どのような結果になるのか、純粋に興味ありますし、注目していきたいポイントになります。生まれ変わるべき時が近づいている、そんな印象です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です