株・投資

レイバーデー後の米国市場変化!金利上昇と今後注目したいセクターは

ザックリ言えば、レイバーデー後と言えるかもしれませんね。FOMCにてテーパリングや利上げについて話が出ました。一部の人からは、すでに織り込まれている何という声もありましたが、蓋を開ければ、今現在のような下落という結果になりました。

つまり、ほとんど織り込まれていなかったわけですね。長期金利の急上昇も、2月や3月のような勢いで、実際に起こってみればパニックになったという訳です。やはりマーケット、甘く見た時が命とりと言えますね。

ですが、注意したいのは下落は永遠には続かないという事です。当サイトでも、何度かキャッシュ比率を高めてくださいと書いてきました。つまり、今は自由に使えるお金が多いはずなんです。

大事なのは、そのお金を何時使うかです。もちろん、銘柄選定は大事ですが、どこに投資しようとも、全体が悪ければ苦しいですからね。

タイミングに関しては、もう少し先でしょう。今は確定的でない、不安材料がいくつもあります。中国もそうですし、FRB内でも新たな火種が、サプライチェーンの問題、いくつも不安があります。

この中で大きなお金を使うのは、投資に近いだけのギャンブルです。リスクが大きい、そういう話になります。今はまだ、投資すべき優良企業をウォッチリストに入れて観察することです。

それがどうしても我慢できない人、そういう人たちだけは、大きな金額ではなく、少額をコツコツ入れていくのも、個人的にはアリかなと思っています。大事なのはコツコツ、一気に入れると、鈍器の一撃を受ける可能性もあります。

今後上昇が期待できるセクターに関して

今アメリカで懸念されている事の1つ、それは成長性です。投資家は大好きですよね、数年先の予想をして、マーケットは動きます。成長が止まれば、コカ・コーラなどのような超安定の企業でない限りは、売りが強くなります。

しかし、アメリカの成長率はピークを迎えたという話やデータもアリ、ここから先の決算シーズンは厳しい目で見られることが予想できます。

そんな中で注目されるであろうセクターは、ハイテクやハイパーグロースですね。今現在、長期金利でボコボコにされているエリア、ここに妙味が出ると思います。

その中でも、注目すべきはもちろん、好決算を出していた企業です。僕の好きな中ですと、例えばエアビーアンドビー、スノーフレークなどですね。IPOで注目され、1度は厳しい結果になりましたが、その後素晴らしい数字で決算をクリアした銘柄。

後はクラウドストライクなどは、決算ミスの無い優良企業ですね。こういった会社の成長性に、投資家はどうしたって無視はできませんよね。それも、全体的に鈍化している中で、素晴らしい数字を見せれば、例え嫌いでも手の平を返すでしょうw

今、中国の成長を見込んで投資していた人たちも、いくつかの不安材料からお金を移動させています。では、そのお金がどこへ向かうのか。もちろんアメリカでしょうね。

10月になれば、決算の発表イベントが始まります。成長の鈍化が不安視されていますので、注目度はこれまで以上でしょう。今下落している企業が復活できるか、この決算はかなり重要なので、ウォッチリストを作成し、備えておきましょう。

投資の神様バフェット氏も推奨!株を買うなら自分がよく使うもので投資の神様ウォーレンバフェット氏ですが、株の取引を行った経験がある方はほとんどが知っていると思います。世界最高の投資家とも言われますが、...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です