株・投資

22/2/28米国株振り返り!停戦交渉継続と注目決算の結果

2月28日のアメリカ相場を振り返ります。2月最後という事でしたが、この月はロシアとウクライナに関する情報で行ったり来たりでしたね。オリンピック中の開戦は無かったわけですが、結局戦争は始まってしまった。その後も情報戦となり、特にコモディティは激しく上下

SWIFT排除など、その後も大きな話題がありました。その一方で、戦争が始まれば株式は買い、という事から特に売りの激しかったナスダック絡みの株が上昇。ハイテクも買いになってましたね、まだ弱いですが上を向く展開になりました。

そんな中での停戦交渉。結果は継続という形で終了し、一応は停戦の意思を見せたという終わり方ですかね。とはいえその裏でもしっかり侵攻しており、無差別攻撃など恐ろしいことを行っている模様。

今回の結果から、再びSWIFT排除で上昇した石油や小麦などのコモディティ価格は比較的高いところでキープ。油断は出来ない環境と言えると思います。引き続きこれらの国に関する情報は注目といえると思いますね。

3月に向けた考え。相場はまだ落ち着きませんが、月曜はナスダックが上昇という事で、この流れはまだ止まっておらず、注目すべきトピックスかなと思います。決算も多く残っているので、良ければ上がるという相場環境なだけに、チェックは必須でしょう。

$LCID$ZMが決算を発表しましたが、あまり良い印象は無いですね。特にズームビデオはガイダンスが気になるところで、やはりいい数字ではなかったと。新しい方向性を示さなければ、今後も数字が改善することは無いのかなと思います。

投資先を探す際に参考になるのは、52週高値更新銘柄を見ることです。個人的にも、最近勉強していく中で、そういった企業を見ることの大切さを学んだので。で、実際に投資もしたわけですが、やはり流れに乗る大事さを実感しています。

仮に投資しなくても、どういった企業が上昇しているのか、これが分かるだけでもかなりの武器。1度迷った際には、参考程度に見てみるのはかなりありだと思います。上昇するチャートの動きも見ることが出来るので、結構おススメですよ♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です