株・投資

1週間の米国株振り返り!開戦買いもSWIFT排除で来週はまた上下か

2月最後の週でしたが、アメリカ市場は後半上昇。これはロシアが軍を進めたことで、いよいよ戦争の始まりだという事で買いになりました。相場は不安定な情報を嫌うので、始まってしまうと買われるんですよね。

ただしショートカバーであると現時点では考えられるので、過度に絶対買いだという訳では危ないと思います。まだまだ情報1つで変わる展開なので、出口はしっかり確保して取引しましょう。

そんな不安定さを物語る情報がまた1つ出てきました。ロシアSWIFT排除です。これは銀行間での金融取引の仲介と実行を担う団体で、ロシアが排除という事は、国際的な金融取引が出来なくなるという事です。貿易など、相当厳しい状態になるでしょう。

ただし、これはロシアだけが影響を受けるわけではなく、ロシアと取引のある企業や団体は行動がかなり制限されるという事。特に欧州は取引多いはずなので、ある意味では諸刃の剣です。小麦やエネルギー関連の資源もあるので、その取引が難しくなると思います。

それはつまり、価格の上昇を意味します。開戦で価格が下がっていたコモディティですが、また上昇する情報が入ったと言えるでしょう。エネルギー関連銘柄などがまた注目されるかなと思います。

この排除のニュースが入ってから、アメリカ相場にも動きが見られ、主に下落方向へと進んでいます。ただし、影響はある程度限定的、織り込むのにそう時間はかからないという見方も出来るので、月曜の動きだけで大騒ぎしてパニックするのは、少し危険。

木曜金曜の動きから、来週良い上昇があれば相場としては良い展開になるので、今は狭間と言えるかなと。とはいえ、やはりニュース1つでこの動きなので、パッと見で判断すれば、まだボラティリティの激しい相場になりそうです。

個人的には、上げ下げの激しい銘柄はまだ買いの準備が完了したと判断できないので、落ち着くのを待ちたいですね。投資はしていますが、個別で見てイイ動きの銘柄に絞っています。

例えば52週高値更新銘柄に絞り、その中から決算やチャートのいい銘柄に注目する。こんな感じで進めているので、迷っている場合は、素直にどういった銘柄が高値獲っているか、知るだけでも勉強になると思うのでチェックしてみてください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です