株・投資

米中問題で日経に影響!米株少し下げも日経は損大きい

8月1日のアメリカ相場ですが、米中関係の悪化を懸念して売られました。とはいえ、ダウは0.14%の下落、ナスダックは0.18%の下落と大きなマイナスではありませんでした。ラッセルがプラス引けは健闘しましたね。

この日はSOX指数が上昇し、AMDやエヌビディアが目立った上げ方をしました。また、台湾絡みで中国との関係悪化が懸念された分、軍事系の銘柄は上昇していました。ボーイングが6%以上の上昇、出来高もあり強い上げでした。

巨大ハイテック企業が終わりましたが、決算はまだまだあります。引き続き、好決算は買われる動きが見られ、まだ救いのある相場です。コモディティ価格ですが、全体的には下ですね。原油も結構下げており、エネルギー関連銘柄は基本的に売られる流れとなります。

ドル円は止まりませんね、130円台に突入。個人的には130.3くらいがラインかなと思いますが、サクッと越えられることもあるでしょうから注視。128円なども有力視で、為替リスクが久々に来たなという印象。

2日の日経ですが、大幅下げと言えるでしょうか。400円以上の下げで、7月が好調だった分の影響もあるでしょう。ドル円も動きが急ですし、近い台湾での騒動なので、状況的にはプラスの材料が無いと判断されました。

ですが日本も好決算では買われ、双日などが上昇。また、好決算銘柄で、瞬間的に売られていたトレジャーファクトリーなども上昇。TKPもそうですが、1度下がった銘柄の短期的な上昇も現在は確認でき、判断の難しい相場となっています。

今後の動きですが、自分の場合は日本株の多くを売りましたので、キャッシュが1番多くなっています。ただ今朝には$ULHを打診買いしており、投資を避けているわけでは特にないという状態です。今日の動きが良ければ、買い増しします。

今日の日本のように、下げた時こそ強い銘柄が分かるというのも大事な考え。下げが弱く耐えた銘柄、むしろ上昇した銘柄などは研究するには丁度いいと思うので、ぜひ探して見てほしいです。

【日本株/米株】投資検討したい52週高値付近のウォッチリスト銘柄この記事では、日々更新して投資を検討しているウォッチリスト銘柄を公開していきます。投資を実際にしたかどうかは、ツイッターで一番早く公開し...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。