考え

高齢者によるごみ収集車との衝突事故発生!改善には設備が必須

本日、東京都内で比較的規模の大きい事故が発生しました。ご存知の方も多いでしょう、一般車とゴミ収集車の衝突によるものです。

現時点では詳しい理由がわかっていませんが、どうやら衝突事故の前にも人を撥ねていたという一般車。運転していたのは80代の男性と言いますが、やはりまた高齢の方ですね。

今回は距離が距離ですし、なかなか踏み間違えとも言い切れない事故。ですが高齢者という事でなんらかの判断ミスはあったのかもしれません。そろそろ考えるべきではないでしょうか。

高齢者の運転はリスクが高い

ここまで事故が多いと、当然リスクの高さはそれなりになります。このような事故以外にも、高速道路での逆走も含め、危険は増してきていますね。

自分は大丈夫、運転はこれまでしてきているから問題ない、このような声が実際に多いと見たり聞いたりしていて多いですね。

一方、僕のみの周りの人では70代で免許を返納した人もおり、理由は危険だと感じたからだそうで、そこらへんの意識が高い人だなと感じました。

 

しかしですね、現実問題として車が無ければ生活できないという人もいるんですよね。買い物ができないとか、移動手段が心配とか。そういった理由で免許を手放せない人は大勢いるよう。

ですから、一概に高齢者は免許返納しろともいえません。このような事故が増えていることを考えると、そろそろ本気で対策をしなければならないでしょう。

免許返納できる環境が必要

移動手段などに困らなければ、車はいらなくなります。一応現段階でも、返納者にはバスなどの利用が安くなったりする特典があるようです。このようなサービスが拡大していくことは、悪くないように思えます。

それからテストを増やしていく、確認作業を増やしていくことも必要でしょうね。免許を高齢になって持っていることが面倒だと感じさせる、これも荒い方法ですが悪くないかなと感じます。自分は大丈夫だと思っている人が大半でしょうからね、試験・テストは有効になると思います。

それから高齢者向けの移動手段を確立させるのもあり。地元のスーパーでは無料のバスが利用できますが、見ていると利用者のほとんどが高齢者です。

免許なしでも生活できる、これを広めることで無理な運転は減っていくのではないでしょうか。

被害が減ることを願う

高齢者だけが自動車事故ではないですが、目立つようにはなってきていますからね。

そろそろ減らすための対策を強化しなければ、この高齢化社会の国では大変になると思います。まずは免許なしでも暮らせるようなシステムですね。

簡単ではないでしょうが、放置していてはいけません。

 

それから高齢者の方も、この機会に考えてほしいですね。年を取ってからの運転はリスクがかなり高くなることを考え、それを踏まえて行動してほしい。

被害にあう方も可哀そうですが、年を取ってから取り返しのつかないことになるのも良いものではないですからね。