考え

車が売れない時代?そんなことなくないですか

今回話のテーマは車。

車が売れない時代とも言われますが、本当にそうなのでしょうか。

時代のせいにして、ごまかしているのではないかと、あえて厳しい言葉で書いてみます。

僕がこう思った理由を書こうと思います。

車が売れなくなったわけではない

いろいろな分野で開発が進み、娯楽なんかも多種多様。

昔は高級車を持つことがステータスであったが、今ではそんなことがない。

こういった意見をよく聞きます。

 

たしかに、夢のマイホームという言葉も最近では聞きません。

そんな金があるなら、他の事に使ったり貯金しろと。

本当の金持ちだけの遊びだというのが今の人の多くです。

 

では、そんな時代のせいにしていいのか?

僕個人はダメだと考えてます。

そもそも、車の売り上げが下がったのは時代のせいなのか?

そんなことはないと思ってます。

 

実際、僕も最近までは時代のせいだと思ってました。

車にこだわりを見せず、軽自動車なら何でもいいやという多くの人。

憧れの車も存在しないと考える多くの人。

僕の周りも同じです。

 

車買ったという人を見れば、プリウスだったりねw

別に文句とかいうつもりないですが、確かに関心が薄いなと思ってました。

こだわりがないって言うね。

 

だからこそ時代のせいかなと思ってました。

しかし、最近スズキからジムニーが発売されました。

結局のところ軽自動車ではあるのですが、あまり感じさせない車で、性能もイイです。

そして、この車は予約の段階から素晴らしいほどの成果を上げました。

 

場所によっては納車まで1年という恐ろしさw

それからも売り上げを伸ばしているという事で、間違いなく飛ぶように売れている車でしょう。

また、本当に最近ですがクラウンも売れているようです。

 

さて、これだけ人気を博する車が出現している中、売り上げ不足を時代のせいにできるでしょうか。

あえて厳しめにいうと、面白い車が無くなっていると言いたいです。

これは国内の車だけではないですが、個性なんかも無くなってきている気がしていますね。

スズキの姿勢が好まれる

例えばトヨタ。

僕個人には年々全ての車が同じように見えてきました。

ネットではグリルというワードをよく見ますが、僕はそれだけではないと感じます。

なんというか、基本全部同じ人が作っているのでは?と。

 

そんな中で、個人的に面白いなと思っているのがスズキです。

先ほどのジムニーもそうですが、いい車を作ろうという意思をメーカーから感じるのです。

当然みんな考えているでしょうが、特に感じさせてくれていますね。

スズキにはジムニーだけでなくスイフトというスポーツカーもあります。

 

このメーカーでは軽自動車のイメージが強いですが、スイフトはコスパが素晴らしいです。

口コミを見てもいい評価が多いですから、認められる車となっているよう。

スイフト同好会なんかもあるようで、楽しそうw

 

スズキが人気なのは、僕たちを楽しませてくれる車を多く作っているからだと感じます。

ちなみに「今日は何色のハスラーを見た?」でおなじみのハスラーもスズキですね。

車ごとに、明確な楽しみがあるのも素晴らしい点でしょう。

車が売れなくなったのではない!

今回のまとめですが、決して車が売れないのは時代のせいではないという事。

素晴らしい車にはそれだけの人が集まり、楽しんでいます。

僕は作り手にも多少の問題があるとあえて言います。

 

売れる車作りも大事だが、車好きによる車作りも必要では。

昔は本当に車が好きだという人が携わっていたように思います。

スズキのような、明確な楽しみ方を提供するのもいい作戦だと思います。

まだまだ車には未来がある、車好きの僕はそう考えたいと思う^^