ビジネス

【安田記念2019】最強馬決定戦か!アーモンドとプレミアムの2強

最強馬決定戦。そういってもおかしくないほどのメンバーが日曜日の東京競馬場に集結します。今年の安田記念はG1馬が7頭出るわけですが、注目はたったの2頭に集まります。

世界を制したアーモンドアイと、国内でじっくり育ってきたダノンプレミアム。これだけのメンバーながらオッズも注目度も2強という感じ。これに異議は僕もないですねw

ダービーという競馬の祭典が終わって1週間、まだ祭りは終わりません。

2強の馬は状況が違う面白さ

人気を分ける2頭ですが、ここに来るまでの道のりは大きく違う。それは性別なんか関係なく、ここまでの流れです。

アーモンドアイは新馬戦こそ条件合わず2着でしたが、そこからは無敗での好走。3冠牝馬は久々でラストを制し、ものすごい走りでジャパンカップ制覇。世代の壁など問題なし。

世界へ羽ばたいた彼女はドバイを選択し、見ていて楽な感じで完勝。世界すらも相手にならないと見せつけたわけです。

ではダノンプレミアムはどうでしょう。2歳から素晴らしいレースを見せていた同馬は、相当な期待を背に3歳馬になります。このままクラシックを何勝し、3冠馬まであるのかと、周りの人も言っていましたね。

しかしスムーズにはいかないのが競馬。ケガで上手くいかなかった同馬は、ダービーを復帰の舞台に選んだ。それでもファンは信じて、人気を集めるも掲示板外の6着。

厳しいと予想されていましたが、それでも勝ち馬とは0.2秒差。これは凄い事だと思いますね。枠が良かったとも言えますが。

ダノンプレミアムはそこから更に間隔をあけて、金鯱賞を復活の舞台に選びます。このレースではG1馬がかなりそろい、リスグラシューやペルシアンナイトもいました。しかし問題なし、先行して強い競馬を見せると次走も勝ちきるのでした。

同じ世代の最強牡馬牝馬

現役最強の世代は、どう考えても4歳世代でしょう。ダートでもそうでしたが芝ではその傾向が本当に強いと思います。

その中での大将格、それも牡馬牝馬両頭が出走となりました。マイルという舞台ではありますが、アーモンドアイも桜花賞を制している。本当に強い馬が決まってしまう、勿体ないやら見たいやら。

もちろん、他の馬にもチャンスはあるのですがねw

安田記念の注目馬と予想について

僕の本命馬は、苦労を経験したダノンプレミアム。いろいろと理由はあるのですが、それは別のサイトで書いているので合わせて見てほしいと思います。

ここでは別の理由。とにかくですね、インタビューでの鞍上の笑顔が物語っていると思います。ダービーが終わったことを考えても、あの表情は相当な自信があるのだと思います。もちろんそれ相応の能力は感じますがね。

ただ、相手が強い事にも触れている中での笑顔。対決が楽しみなのか、自信があるのか、僕としては両方あるのではないかって考えますね。

その他の安田記念の予想と印は、改めて書きますが別サイトで。合わせてご覧になってもらえればと思います♪

2019安田記念の予想と印!