スポーツ

令和最初のダービーは人気薄が勝利!3強敗れた驚きと涙の決着

2019ダービーは令和最初のダービーとして注目されました。3強対決がオッズにも現れ、中でもサートゥルナーリアの無敗馬2冠誕生に、大きな期待が注がれましたね。

しかし競馬は分からないもので、人気薄のロジャーバローズがダービー馬に。記録にも記憶にも残るダービーとなりました。有利な最内枠からの勝利。

勝った浜中騎手はダービー6回目で初制覇。見ごたえのあるレースでの勝利に、涙も見えた美しきレースでした。

サートゥルナーリア4着に敗れる

大本命のサートゥルナーリアが4着に敗れる波乱の結果。言い訳や敗因は幾つか考えられますが、まずは鞍上変更のジンクス。

これがまたも継続されることになりました。これだけの人気馬でも破れなかったジンクス。来年以降も覚えておくべき情報ですね。

しかしジンクスだけが敗因ではないと考えます。例えば返し馬やレース前。この時の同馬は首を大きく振るなど気性の荒さを見せていました。

あれを見ていいほうへ考えることは厳しく、嫌な雰囲気は感じ取れたでしょう。僕はサートゥルナーリアを買っていなかった(狙いはダノンキングリー)ので、むしろラッキーだと思いましたが。

結果は知っての通り、出遅れでした。しかし直接の敗因と言えるほど遅れたかと言われるとそうでもないような。リカバリーはそれなりにできていたと思います。

ではなぜ負けてしまったのか。これを考えると非常に難しく、陣営もはっきりとはしていないそう。その影響で凱旋門賞挑戦も中止しましたね。

出遅れなのか、東京コースなのか、距離によるものなのか。最後に交わされたことも含め、陣営はかなり悩むでしょうね。

オトコを見せたかリオンリオンの大逃げ

ダービーの舞台で大逃げをすることがどれほど度胸のある事か。本物の前でモノマネを堂々とするようなものでしょうかw

1勝に1度の舞台、騎手にとっても勝ちたいレースで大逃げをするという選択、価値に行った結果だと思います。

お父さんからの乗り替わりで、今年のダービーを盛り上げた要因の1つ。重賞で活躍する力のある馬ですから、今後が楽しみです。

鞍上は若いのによくやりました。今回株を上げた騎手の一人であると、言ってもイイのではないでしょうか。

無理をしなかったロジャーバローズ!

ハイペースで逃げるリオンリオンの2番手で競馬をしたロジャーバローズ。前走は後方勢の勢いから粘っての好走をした、同馬の力を見くびりましたね。

速いペースで残すことが出来る面白い馬ですが、鞍上も早くに特徴をつかみ馬を信じて2番手待機。

直線も速めに動いていましたし、自分でペースを作っていたのが最後に残せた理由でしょうね。あそこで無理に遅らせていれば、むしろダノンキングリーが差していたかもしれません。

人馬一体、懸命に走った結果のダービージョッキーとダービー馬の称号。単勝90倍越えですが力のある、そして運のいい馬が勝ったダービーでしたね。

秋は混戦ムードを感じさせる

この結果、秋の3歳勢は混戦を感じさせます。菊花賞では距離が延びますし、敗因次第ではサートゥルナーリアは出走しない可能性すらあります。

そうなれば、この段階ではどの馬が勝つか難しすぎる。ダービーは特殊な展開であったわけで、そのまま秋で決まることもないでしょう。

各馬の今後の路線、そして成長がどこまでか。秋は成長力の戦いになるので、ステップレースから目が離せないでしょう。

既に秋が楽しみになる、そんなダービーの結果になりました。