スポーツ

ダービーと似た結果?2強対決はインディチャンプが勝利で心配事も

ダービーと似ていると言ってもイイでしょうか。2強対決が注目されましたが勝ったのはインディチャンプ。マイルが得意でこの舞台を目指し、内枠活かした優勝。

最後は前を行くアエロリットとたたき合い、さらには後方から追ってくるアーモンドアイも抑えきりました。ダービーでも前にいた馬が粘りましたが、比較的前にいた馬の勝利。

特にアエロリットはこの舞台で強さを見せるもまた2着。勝利したインディチャンプは上がりが32.9秒というスピードでした。驚異的ですね。

また、アーモンドアイも32.4秒という数字で、かなりのものですね。これで届かないような競馬なら、無理と言えるでしょう。

そして最後に、2強の1頭であったダノンプレミアムですが最後は鞍上が下馬。いろいろあった安田記念ですが心配ですね。

ダノンプレミアムは心配ないと

レース後下馬したダノンプレミアムに関してですが、とりあえずは大事にはなっていなかったよう。JRAの発表ですが、とりあえずは心配ないと、いえるでしょうかね。とはいえ、これまでもしばらくしてからのケガの発覚や発生は見てきました。

それに同馬は以前にも、ケガで長期間レースを使えなかった経験がありましたからね。本当、陣営も心配はなくならないでしょう。

思わぬ形の決着でしたが、これも競馬です。1度の勝負に全てをかける、これが現実の勝負事ですね。

負けて強しのアーモンドアイ

アーモンドアイが3着でしたが、使った脚は素晴らしいの一言ですね。これで弱いと言われる筋合いはないでしょうし、次のレースで人気が下がることはないでしょうねw

むしろ距離延長すれば当然優勝レベルですし、海外帰りだったやらスタートでいろいろあったやら。可哀そうな条件もありましたからね。

だからこそ、僕も負けるとすればこのレースだと思ったわけで。世界のアーモンドアイですからね、今後の走りには当然期待したいわけです。

次走はどこでしょうかね。宝塚記念か秋まで休むのか。個人的には秋まで休むと考えているのですがどうなるでしょうかね。