スポーツ

【競馬】思い出の宝塚記念!ライバル撃破だ2001年は完全2強制し

思い出の宝塚記念。今回は2001年を取り上げたいと思います。ですがこの年の話では、必ずその前年もチェックしなければなりません。2頭の馬が繰り広げた熱き戦いを振り返りたい。

その2頭とは、テイエムオペラオーメイショウドトウ。永遠の2番手か、それとも超える日が来るのか。ファンの支持は完全2強となっておりました。

誰にも負けなかったテイエムオペラオー

その年の最強馬は簡単にわかった。なぜなら、1年間1度たりとも負けない馬がいたからです。世紀末覇者テイエムオペラオー。同馬は最強の走りを繰り広げました。

そんな時代に同じレースを戦ったのがメイショウドトウ。何度挑戦しても、前にいるのはオペラオー。G2では勝てるものの、G1挑戦すればオペラオーがおり勝ちきれない。そんなレースが続いていました。

2000年の宝塚記念、天皇賞秋、ジャパンカップ、そして最後の有馬記念。これら全てで対戦し、全てワンツーを繰り広げました。簡単に言えば、この2頭の馬連、もしくは馬単1通りで馬券が的中できたという事ですね、今では考えられないw

しかし全て2着なのはメイショウドトウ。悔しかったでしょうね。そして間違いなく最強だったのが、和田騎手のテイエムオペラオーでした。

全てを出し切ったメイショウドトウの2001年

翌年の2001年、日経賞を勝利したメイショウドトウは天皇賞春へ。同馬とオペラオー、そしてナリタトップロードが3強の支持。そして結果は、何度も見たであろうオペラオーとドトウのワンツー決着

今年も変わらないのか、そんな声も当時はあったことでしょう。0.1秒差、しかしそれは前年も同じでした。しかし逆転をあきらめません。

2001年宝塚記念、枠順は2頭が隣同士になるという奇跡。オッズは完全に2強ムード。スペシャルウィークとグラスワンダーを思い出しますね。

先行するドトウ、中段あたりで競馬するオペラオー。もはやファンの注目はどちらが勝利するのか、この1点だったでしょう。

そしてついに、早め先頭に出たメイショウドトウが押し切り勝ち!それは全てを出し尽くしたかのようなレースでした。

その理由は、その後の走りにあります。間隔をあけて天皇賞秋を3着で終えると、ジャパンカップと有馬記念では馬券外。掲示板までが限界でした

全てを出し切ったかのようなオペラオーを制しての勝利は、思い出に残る宝塚記念と言えるでしょう。まさに2強レース、そして悲願叶えたグランプリ。素晴らしいレースを2頭とも、ありがとうございました♪

2019宝塚記念はどんなドラマに

では今年はどうなるか。レイデオロやキセキ、スワーヴリチャードやリスグラシューなど世界レベルの馬がそろったレースになりました。

世界との差もあまり感じなくなりつつある日本の競馬、アーモンドアイはいませんが十分グランプリといえそうですね。

当然予想する方にも熱は入る、まだ予想で迷っている方は、僕も参考データや予想を出しているので参考にどうぞ。素晴らしいレース、そして全馬の無事を願って。

宝塚記念の参考データと予想公開中♪