スポーツ

ヴィクトリアマイルは衝撃レコード!レーン騎手早くも日本のG1制覇

先程終了しました、東京競馬メインレースのヴィクトリアマイル。正直厳しいかなと考えていた、ノームコアですがね、そんな予想も関係なく勝利しました。

最終的には1桁オッズになっていましたが、皆さん見る目があるといいますか、騎手のおかげなのでしょうか。途中までは6番人気くらいだったような気がします。

5番人気だったこの馬が、中団あたりから見事に差しきっての勝利。最後は伸びてきた福永騎手騎乗のプリモシーンが突っ込んできましたがクビ差制しました。

 

元々はルメール騎手が騎乗予定だったのですが、何度も書いている通り騎乗停止に。ダービーまでは乗り変わりとなっているわけですね。

こういう一流騎手は、運も持っているのかもしれないと思うほど、ラッキーだなと感じてはいますね。今後も、ダービーではサートゥルナーリアに騎乗

土曜日は4勝し、日曜日はメイン含め3勝という活躍ですから、少なくてももう東京競馬場の勝ち方は当然知っているわけですね。

乗り変わりが不利というデータはありますが、馬が強いという事もあり軽視するのは勿体ないと言わざるを得ないでしょう。

日曜最終レースは衝撃でした

僕が驚いたのは、東京競馬日曜最終レース。つまりヴィクトリアマイルの後のレースですが、これをきっちり決めるあたり、ルメール騎手しかりさすがだなと。

オッズは混戦でしたが、正直レーン騎手に対する期待もあっての1番人気だったのでしょう。他にも面白い馬はいましたからね。

そんな期待をかけられた中、レーン騎手の馬は出遅れてしまいました。ダート戦で距離もそこまで長くないレース、先行が基本的には有利なコースです。

しかしレーン騎手のリカバリーが凄かったですね。無理をそこまでさせないで位置を少し上げて待機。外を通っているため、最後も不利を受けない位置を見つけているのは上手ですね。

ああいう競馬をしてくれる人は、仮に負けても大きく文句は言われないでしょう。結果は先行した馬が2着3着の中、外から突っ込んで1着

近走苦戦したいたのがウソのように、イーグルバローズは駆け抜けました

ただし僕が気になった点は、その判断能力の高さ。考えて行動しているのか、感性によるものなのか、そこは分かりませんが、素晴らしいと思いますね。

 

この時人気の一角だったドリュウという馬。これも追い込んでくる競馬の馬なのですが、比較的馬郡の中で終始競馬していました。最後の直線、スパートがかからないのか、勝ち馬と少しコーナーで離されてしまいました。

前が残る流れというのも、その日の競馬の傾向としてありましたし、レーン騎手は少し早めに動いたのかも。

ドリュウは結果、直線一気を狙うも4着まで。クビ差で3着馬には負けたということですが、まさに仕掛けのタイミング次第ではないのかなと。

展開次第という評価は出来ますが、これを言わせないレーン騎手。ダービーでも期待できる天才ジョッキーだと思います