ビジネス

下がり始めたアメリカ株!大統領選はバイデン氏優勢か

株価を見るだけでも、世間がどう考えているかがわかる。アメリカ大統領選では、株価が下がり始めると現政権の負けが過去から予想されると。トランプ氏が勝利した際も、選挙前には株価を下げていました。

現在のアメリカ株は、S&P500を見ても下落傾向にあります。これは過去のデータを考えると政権の交代が予見されます。バイデン氏優勢と考えてイイのではないでしょうか。少なくても、市場はそう考えていると思います。

ただし、これまでにIT系の株価が高騰しすぎていたという説も一部ではありますね。それが売られただけであり、単なる反発ではないかと。その可能性も0ではないでしょう。

とはいえ、下落しているという事実がある以上は過去のデータに当てはめるべき。つまり、トランプ政権が終わり、新たにバイデン氏による政治が始まると。その可能性の方が現状高いという事ですね。

今新たにアメリカ株を買うのは賢明ではないかなと個人的には予想。民主党の勝利後は株価を下げる傾向にあるからです。市場が全体的に上昇する条件は、トランプ氏の勝利以外には過去の傾向上ないと。

今慌ててアメリカ株を購入するのではなく、冷静に判断し適正価格を見極める必要はあるでしょう。バフェット氏が日本株を買うくらいには、アメリカは割高な企業が多いという事を忘れてはいけないですね。

アメリカIT株の価格下げ!僕の公開していた持株も変更ありつい先日公開しました僕の購入している持株。これに関してですが、1つの銘柄に変化がありましたのでその報告も今回の記事で行いたいと思います。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です