ビジネス

東証トラブルに続きトランプショック!?午後の株価に大きな影響

昨日は日本で機材のトラブルが起き、東証が終日停止というショックな出来事がありました。その翌日にあたる本日2日、無事に再開でき株価もまぁまぁの安定を見せていたお昼ごろ。まさかこんなことになるなんて。

ということで、大きな話題となったのがトランプ大統領のコロナウイルス感染です。最終的に日経平均はマイナス155円となり、下落が続く結果になりました。また、それだけでなく雇用統計も影響はしていると思いますが。

トランプ大統領はどちらかといえばコロナに対し、軽視していた印象がありますね。マスクに対しても最初はあまりいい顔をしませんでしたしね。その結果が大統領選挙にかかわる大事な時期での感染発表、これは残念ですね。

これにより、大統領選はどうなっていくのか。政治や経済は今後どうなっていくのか、見通しが予想しずらくなったという事で、難しい状況になりました。

これでバイデン氏はさらに強くコロナ対策への軽視を指摘できるでしょう。これに対しトランプ大統領がどう切り返していくのか。僕個人の予想では、症状がないということでそこを中心に切り返すのかなと思いますが。

まぁマイナスになりますよね。強気が売りのトランプ大統領ですが、今後どうしていくのかも注目の1つです。話題が無くならない方です。

日本人は投資をしない?失敗するリスクを冒さない国民性に原因か世界と比べると、日本人は投資をあまり行っていないそうです。実は日本の株式を売買している外国人投資家は、全体の約6割から7割といわれていま...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です