ビジネス

東証でシステムトラブルが!終日全銘柄の取引停止で今後に不安が

東京証券取引所は本日1日、相場情報を配信するシステムでトラブルがあったとして終日全銘柄の売買を停止させました。これが大事にならないテレビにも個人的には驚いたのですが、相当レアなケースなはずです。

翌日にあたる2日には通常売買が出来るよう取り組むという事で、これは総力を挙げてでも行うだろうと思います。たかが1日と思ってはいけない事態であることは、なんとなくでもわかるかと思います。

とはいえ、会見でも語られていたように全ての取引が絶対にできないという事態ではなかったようです。つまり、リスクを冒さずに終日停止を決定した。これに関しては、僕個人としては賛成できる点かなと思います。

とはいえ、今や以前書いた通り日本株の売買は約6割が外国人の投資家ですからね。これは信頼に非常にかかわってくる問題ですから、同じようなことが起こらないよう力を入れていくしかないでしょうね。

日本の技術、責任感や管理に不安を覚えられると日本の株価にかなりの影響を与えますからね。結構大きな出来事だと思ったのですが、あんまりテレビ等では取り上げられないんですね。やはり日本人の投資に対する意識は高くないのかなと感じざるを得ない出来事でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です