株・投資

9/21FOMCに備える!CPIショックからのパウエル議長発言で動向は

9月20日のアメリカ相場振り返りと、21日の日経相場からの振り返り、今後の考えいついて簡単に書いていきます。まずアメリカですが、ダウは1.01%の下落、ナスダックは0.95%の下落となり、パウエル議長発言前に売りが優勢でした。

まぁ株価が上がる理由がほとんど無いというのが、今の状況であり、上がっても売りたい人が大勢いるので仕方なし。個別株を中心に見てますが、正直救いがないなという印象で、ウォッチリストもなかなか更新させてくれませんw

後ほど触れますが、日経でも厳しい株がありますので、下手に手を出すと大やけどという考えで良いと思います。今リスクの方が大きいと感じている人が大勢であり、もはやギャンブルもしたくないという環境です。

アップルがストアの値上げについて材料出ましたが、やはり経済状況は良くないですね。これに続いて、グーグルなども金額面で動きあるでしょう。動画サイトの方では報道があり、資金調達に動いている印象はあります。

ボーイングもニュースありましたね。アメリカ経済、ハッキリ言って強くないですから、パウエル議長がどう動くのかは非常に注目だと。しかしインフレ退治が急務と言っているので、まだまだ経済回復への動きは、期待するだけ無駄かもしれません。

だとすれば株価は下がるので、日経もアメリカ同様下げて終えました。特に最後の10分では確定の動きがハッキリ見られました。日本の場合は金曜も休みなのでホールドしたくない人は多いでしょう。

先ほど書いたのはもちろんダブルスコープのことですが、この銘柄に限らず、上げていた銘柄は調整の動きが非常に見られます。もう上がれば利確する、利確できれば最高で、損切でも傷は浅くがトレンドなので、欲張らずに冷静に対処することが必須であります。

現在保有株が少ない人は、それだけで成功していると言える状態であり、とても強気投資が正解とは言えません。超短期で上手く行っても、それは続くことの無いラッキーと言えそうですので、最後までリスク管理の徹底はしておきましょう。

ロスカットの指定、これは最低でも必要になる事なので、まずはマイナスの割合から決める。利益は少なくても、ちょっとずつスライス方式で確定させるなど無理のないように。弱気相場ですから、無理に戦う事はせず、迷ったら1度引くと。退場さえしなければチャンスは来ますよ♪

【日本株/米株】投資検討したい52週高値付近のウォッチリスト銘柄この記事では、日々更新して投資を検討しているウォッチリスト銘柄を公開していきます。投資を実際にしたかどうかは、ツイッターで一番早く公開し...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。