株・投資

12/7アメリカ株は続落!12月の上昇アノマリーは望み薄なのか

12月6日のアメリカ株と日経を振り返りつつ、今後について簡単に書いていきます。まず振り返りですが、ダウは1.03%の下落、ナスダックは2%の下落と残念な1日でした。インフレに対する強硬姿勢を感じさせる指数の発表があり、特にナスダックが弱いです。

ドル円の動きを見ても分かりますよね、金利との連動が当然強く、ここを見ると株がどちら方向か分かりやすいです。ダウも結構下げたのが痛いですね、ナスダックは仕方ないですが、ダウの下げは全体の弱さです。

FOMCが控えていますし、強気に買う動きは期待できません。反対に、備えての売りは想定できるので、やはり方向としては素直に下なのかなと。中国関連が買われる動きは、予想できますが、今後の動き次第です。

日経は判断が難しい状況が続いており、上がっていますが小幅と。値上がり銘柄や高値更新銘柄の少なさが、今の相場の強さを見せていますが、まぁアメリカ株があんな感じなので仕方ないというか、思ったよりは下げないなと言う感じ。

ここから重要指数の発表はありますが、それが終わればお休みムードでしょうね。そこでどっちに動くのか、短期的な上げはあるのかどうかが気になるところ。少し先ですが2月は最も弱い時期なので、かなり心配

昨年の場合は1月2月に日米とも酷い下げでしたからね。ロシア関係の動きもありましたが、それでも酷い動きだったので、今年は昨年に比べれば下げは弱いかなと思っていますが、それも想像なので備えはしておきたい。

来年までは、やはり苦しい相場ですね。リスク管理が非常に学べたとプラスにとらえ、大きなロスなく相場に残れることを考えて投資していきましょう♪

【日本株/米株】投資検討したい52週高値付近のウォッチリスト銘柄この記事では、日々更新して投資を検討しているウォッチリスト銘柄を公開していきます。投資を実際にしたかどうかは、ツイッターで一番早く公開し...
2022/9投資初心者へ!株に興味持った人に今知ってほしい事2022年9月がもう少しで終わろうとしています。9月と言えば、1年を通して株式投資が難しい時期というのが常識です。アメリカの平均的な株価...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。