株・投資

【7/9日米株】半導体関連に復活の兆し!日経225も終値最高記録

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

7月9日の火曜日、アメリカ株と日本株を振り返りつつ、今後について簡単に書いていきましょう。まず振り返ると、アメリカ株は上昇しましたね。エヌビディアが寄りから強く、そのほかの半導体関連も堅調。これが続けば、まだ相場は強いですね。

これを見てか、日経225も素晴らしいブレイク後の動きで一気に高値。一時900円近く上昇、最後は少し売られるも納得の動きであり強い。やはりブレイクしてからはよくなりましたね、調整も終えたでしょうか。あとは決算のみ、寄与度で言えばファストリですね。

さて、世界中の選挙で少し調整ありましたが、ここまでは安心感でしょう。今日はこの後パウエル議長の発言ですが、それほどタカ派ではないという予想です。最近も話してますし、そこでは中立、ハト派な印象を受けました。雇用もそれほどですね。

多少ピリピリしそうですが、それでも大崩れは考えにくい。ただし警戒感が薄くなったのでそこだけ。多少タカ派だと、過剰に影響を受ける可能性は捨てられません。まぁいつも通り、ストップを入れておきましょう、これができるからFOMCもそうですが恐怖度は低い。

ドル円はまた円安方面ですね、週足で見ればここまでの小さい円高は影響薄い。もう、本格的にどちらかのアクションがなければ、短期的なトレンドすら変わらない恐れも。投資していない人との差は、本当に大きくなりそうですね。

新NISAは素晴らしい効果でしたが、同時に円安を生みました。ETFなどが買われ、毎月の単位で円がドルになっているでしょう。でも実際、ここまではナスダックが強く、間違っていないです、円安込みで利益増。日経225でも良いですが、パフォーマンスには差がありますね。

ここで、新NISAに否定的だった人たちとの資産の差は考えると怖い。もちろん、投資先によっては損した人もいるでしょう。ですが、無理なく指数やエヌビディア、アップルなどに投資した人、もしくは商社や半導体企業に一部入れている人もいるでしょう。

これらは年初から上昇しており、非課税で利益を生み出しています。相当な当たりの例ですが、エヌビディアならフルに入れていれば2倍になっているので結構な無税で利益ですよね。このチャンスを捨てるわけですから、結構怖いことだなと否定派には言えます。

こうなると、否定派の人たちがすることは、今後の暴落を願うこと。もしくは、損した人を探し、彼らを仲間のように扱うことでしょう。そして、資産に差が出れば政府、他人に文句を言い誰かのせいにするでしょう。こうなりたくないから頑張る、それだけでも立派な理由です。

超デフレ、円高キープが続けられる世界、相場では現在なく、貯金ですら円の価値が落ちているのですから、流れを考えて一部でも投資に入れている人は立派だと思います。で、負けたら悔しくて勉強する、これの何処に否定される要素があるのか。

確かにこれで日米ともに高値圏ですから、新規で強気は少し控える気持ちはわかりますが。虎視眈々と次のチャンスを待ちましょう、この機会に勉強しておくことで、次の相場に対応できると思います。言い訳しかしない人には、一生チャンスはないと個人的には思っています。

【日本株/米株】投資検討したい52週高値付近のウォッチリスト銘柄この記事では、日々更新して投資を検討しているウォッチリスト銘柄を公開していきます。投資を実際にしたかどうかは、ツイッターで一番早く公開し...
2022/9投資初心者へ!株に興味持った人に今知ってほしい事2022年9月がもう少しで終わろうとしています。9月と言えば、1年を通して株式投資が難しい時期というのが常識です。アメリカの平均的な株価...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。