株・投資

【7/3日米株】エヌビディア調整でも株高!日経もブレイクで好調子

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

7月3日の株式市場を振り返りつつ、今後について簡単に書いていきます。まず振り返りですが、アメリカも日本も好調ですね。まずアメリカですがパウエル議長の発言もあり。内容は全体的にハトで株だけにどちらかといえば牽引。それでも円安なので、トレンドは強い。

エヌビディアは引き続き下落も指数上昇。テスラの好調さやアマゾンの好調、アルファベットやマイクロソフトもいいですね。アップルも元気、エヌビディアを売って少し分散していますかね。それでもめげずにエヌビディアを買い続ける人も多いでしょう。

日経225も昨日から素晴らしいブレイクを見せて続伸。トピックスはすでにブレイクしており、日経同様にチャートの形も素晴らしい。個別ではまだ好きなチャートの銘柄は個人的に少ない印象ですが、今後ぽつぽつと出てくるでしょう。期待できる値動きです。

注意したいのは金曜日の指標なので、警戒感は全体的に薄いか。パウエル議長の内容で大きく動かなったので、せっかくなら好調さが続けばいいですね。半導体は調整ですが、下値も限られている印象で、少なくても22年のような下落には見えません。やはり必要とされそうですからね。

米株はまだ指数のわりに株価全体的には強くなく、50日移動平均線以上の銘柄数は5割以下の4割台、一部が頑張っているという印象に変わりなしですね。ナイキをはじめ、アパレルというかスポーツブランドも下げるなど、半導体やハイテク以外では微妙な話も出ましたしね。

VIX指数はもう機能しているのか、ずっと12台で低い水準に。恐怖と欲望指数はそれほど欲望に強く傾かずなので、こちらのほうが感覚的にはあっている感じ。この上がっている一部をホールドしているかの勝負といえるでしょう。もしくは、指数を握っているかですね。

個人的には、日経含めてトレンドが細かい部分で変わるようなチャートに感じているので、資金に余裕を持たせたいですね。上昇途中の銘柄の欲を少し弱くし、資金の回収をしておくのもありかなと思います。エヌビディアはそういった動きもありそうですね。

特別この企業に問題が起こっているとも思えません。チャートの問題、投資家の精神的な問題といえるでしょう。あと注目はドル円ですね、円安トレンド継続、雇用統計で変わるとも思えませんが、介入や短期売り仕掛けには1つ警戒。介入はまだ時間あるとは思いますけどね。

【日本株/米株】投資検討したい52週高値付近のウォッチリスト銘柄この記事では、日々更新して投資を検討しているウォッチリスト銘柄を公開していきます。投資を実際にしたかどうかは、ツイッターで一番早く公開し...
2022/9投資初心者へ!株に興味持った人に今知ってほしい事2022年9月がもう少しで終わろうとしています。9月と言えば、1年を通して株式投資が難しい時期というのが常識です。アメリカの平均的な株価...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。