スポーツ

サッカー日本代表のワールドカップ前を評価してみる

今年行われるサッカーワールドカップも、もう間もなく。

日本代表も、本番前最後のテストマッチを終了し、最後の練習に励んでいるでしょう。

突然の監督チェンジ、テストマッチの敗戦と様々な負のイベントが多くありました。

メディアの扱いも厳しい意見が多くなり、年功序列という言葉も多く見ましたね。

スポーツにおいて、こうした厳しい意見というのはサッカーや国に関係なく多くあることで、それを言い返すには結果が全て。

結果で語ってくれ西野ジャパン!

ハリルジャパン時の評価

正直本番までは、わからなかったハリルジャパンの完成。

ギリギリまでのテストという試みは、やはり常に危機感を持ってほしいという元監督の意志なのでしょうね。

しかし一方で、もう少し早く決めるべきで、この時期は戦術などを磨いていってほしいという声もあったよう。

僕自身も後者の意見でしたね。

確かにチーム内での競争は大切だろうけど、それ以上にチームの熟成も大事ですよね~。

勝てない試合が目立った

勝った試合よりも、負けた試合が気になってました。

特に一番ショックだったのが海外組を使わなかった試合。

海外組優遇という声があった中、ならばと国内組優先で戦った試合を覚えてますでしょうか。

結果は散々でしたよね?

また、選手の使い方にも多少の疑問が残る負け方。

ストレスのたまった選手やファンが爆発的に増えたのもこの辺りではないでしょうか。

ハリル氏は捨てられた?

ハリル前監督は捨てられたと語っていました。

噂では選手の力もあったとか!?

何が正しいかはわかりませんが、このままでは厳しいと感じていた人が多かったという事は事実でしょう。

ワールドカップ前の最も大事な時期での監督交代は、それほど大きな意味を持っていると思います。

西野ジャパンへの変更で

では、ハリル氏から西野監督へ変わってどうなったか。

以前から日本人監督のほうが代表に合っているのでは、という意見がありました。

僕も岡田監督の実績などを考えれば、そうなのかもと思う事はあります。

コミュニケーションのしやすさ、性格の判断など、重要なことも外国人監督よりは把握がしやすい印象がありますね。

日本人に合った戦術、戦い方を知っているのも日本人であるし面白い結果を多少期待してしまいます。

テスト3戦を振り返ると

西野監督は、わずか3試合という中でメンバーと戦術を決めなければなりません。

厳しいことは想定されてましたが、やはり負けが続くと辛いものがありまして、ファンの声も厳しいものになりますよね。

2試合が終わった段階で、監督は慌てていないことを強調し、それも話題になりました。

そして先日行われたテストマッチ最後のパラグアイ戦。

結果を見れば4-2で勝利!欲しかった得点を取りつつ、勝利もゲットしました。

勝利は自信をつけるための最大のキッカケ!

特に監督は一安心できますよね。

この試合自体もメンバーを大きく変えた、強い意志を持ったものでした。

その結果この4点という事で、今後を考えてすばらしいものになりそうですよね。

相手のレベルにケチをつける人もいるでしょうが、まずは勝利。

悪い流れよりもいい流れで本番に行けることは、勝てる可能性に影響するでしょう。

サッカー日本代表のロシアでの活躍を期待!

勝てる可能性が低いから応援しないのか?

それは間違いです。

ワールドカップの舞台では、日本代表は確かに力不足というか、差は大きくあります。

ですがそれって面白いと思いますよ。

ブラジルのように、負けて失うものは何もありません。

毎試合勝てればラッキーと思えば、ハラハラしながら見れるのでは。

チャレンジャーとしての楽しみ方を探してみましょう!