スポーツ

サッカーアジアカップ日本代表が激闘を制し決勝へ!無敗の優勝なるか

も~素晴らしいの一言。

タイトルにもありますが、無敗ってすごいですよね。

ここまでの内容では、結構勝っていたのに悪く言う意見もありました。

 

それらを覆すという意味の、イラン相手に3点差をつけての圧勝。

テニス界では大坂なおみ選手が世界一位になりましたが、スポーツ界熱いですね。

 

さて、今まで通り今回も内容の振り返りをしようと思います。

正直悪い点は少ないですが、いい点を今回は配分多めでいこうかなw

日本対イランを振り返る

まずは全体的なところを。

ブックメーカーのオッズでも2強の対決という事で、メディアも大きく取り上げていました。

アジアランク最高のイランと、ワールドカップで活躍し監督変更後無敗の日本。

 

イランの方が勝率高いと思われていたようですね。

まぁランキングや中国戦などを見ればそうかもしれませんが。

 

まず前半ですが両国ともいい内容でした。

それぞれにチャンスがあり、攻撃の仕方も決めていた。

特にイランはわかりやすい、スピードと高さを活かす内容。

ボールを受けるとすぐに前へだし、少ない人数でゴール前へ襲いました。

 

一方日本は、複数の攻撃法を試し、チャンスをうかがいました。

大迫選手の参戦で、ボールを前でキープすることが可能に。

やはり彼一人でも大きく変わります。

 

こういった試合になると、やはり先取点は大きい。

日本がファールをとられる回数が気になりましたが、大事な得点は日本が。

これで流れは変わったかな。

 

PK獲得の2点目でさらに相手は焦り、日本が3点決めたことでストレス爆発。

日本代表がクレバーに決めました。

そう言った内容ですが、細かく見ましょうかね。

日本対イランでよかった点

勝てたことはいつもそうですが、それ以上にディフェンスが良かった

結構厳しい攻めもありましたが、キャプテンもそうですが冨安選手の成長が素晴らしい。

相手のエースにもしっかりチェックをつけ、負けないプレー。

 

あれだけ止められると、ストレスたまりますよね。

冷静に守り切った彼のプレーは素晴らしい。

 

それ以外の選手も、ディフェンス面で大きく貢献していました。

遠藤選手のアクシデントは焦りましたが、そこで塩谷選手が出るので層の厚さを感じました。

原口選手のディフェンス戻りも助けられます。

 

攻めに関しては、サッカーというスポーツをやるうえでの強い気持ちを見ました。

得点はないにしろ、南野選手のスピリットはチーム全員に力を与えましたし、子供たちへのメッセージにもなりました。

諦めなければ、止まらなければチャンスはある。

そう感じさせましたね。

 

終わってみれば大迫選手の2得点ですが、さすがの一言。

キープだけでなくしっかり決めたことは何よりも素晴らしい仕事。

ワールドカップ組はレベルが違いました。

 

そして、3点目もワールドカップ組。

得意なゾーンで、相手も疲れていましたがスタミナ活かした気持ちの入ったシュート。

気持ちいいって感じでしたね。

 

とどめの一撃

相手のストレス爆発を誘導しました。

あのゴールで全てを終わらせましたね。

イラン戦で気になること

悪い点はほとんどないです。

なので気になることと濁してみましたが。

やはり遠藤選手のケガは気になります。

 

あれほど大事な試合で、すぐに続行不可能を選択しましたよね。

頭を使う選手という事もあるでしょうが、相当ダメージがあったんでしょう。

この大会だけでなく、今後への影響も気になります。

 

それと酒井宏樹選手ですよね。

もともと前の試合からも足を気にしていました。

経験も能力もあるため難しいですが、先発と聞いて心配しました。

 

室屋選手への期待を込めて、決勝は楽しみにしたい。

プレッシャーにも慣れてほしいですからね。

イラン戦を振り返って

まぁあれだけの差で勝てたのですから、いい点が多くて当然ですよね。

一番気になるのは審判でしょうか。

それでも大差で勝てれば十分。

 

あと一つ勝てば優勝ですが、それが難しい事も知っている

これで終わりではない。

相手も相当なやる気で来るでしょう。

 

王者を経験している国として、そして負けなしの森保ジャパンの強さを信じて。

無敗の優勝頑張れニッポン!!!