ビジネス

世界最高の投資家ウォーレン・バフェット氏の名言!氏のルールとは

少しでも投資に興味がある人ならば、それともお金に興味がある人ならば。

大抵の人が、ウォーレン・バフェットという名前を知っているでしょう。

彼は投資で名を成した人物ですが、会社の経営もしています。

 

最も有名な話では、コカ・コーラの株を買った事。

その理由も、実際に飲んでみて美味しかったからとあります。

実際はほかにも理由はあるでしょうがねw

 

そんな彼は、世界の資産ランキングで1位にもなったことがある。

ビルゲイツ氏などを抑えて。

投資家が、経営者を越えて世界1になるなんてって思いません?

僕は驚きましたよw

 

そんな人の定めているルール。

気になりますよね。

その他にも名言を紹介してみようかなって思います。

ウォーレン・バフェット氏のルール

彼には2つのルールしかありません。

サクッといきなり紹介してみましょう。

 

ルール1:絶対に損をしないこと。

ルール2:絶対にルール1を忘れないこと。

 

シンプルこそ正義。

これほどわかりやすく、難しいルールはないでしょう。

投資において、絶対に損をしないという事が可能なのか。

 

誰しもが損をしたくないと思ってやっていますよね。

しかし、多くの人が損をしている事実もあります。

ということは、このバフェット氏のルールがいかに難しいか。

投資経験者ならわかるでしょう。

 

そして2つ目のルール。

これは、彼が若かったころのエピソードが関係しているといいます。

バフェット氏は競馬で負けた

投資を始める前、彼は競馬に関する事業を行います。

それは予想を売る、今でいう予想家の仕事。

競馬場内で、予想を紹介し販売。

 

当時競馬新聞が無かったようで、儲けが出ると考えます。

実際には勝手に行ったため、注意されて終了しますが。

 

その後彼は一人で競馬を楽しみます。

その際にも、彼は損をしないことを考え、レース数を減らすことを心掛けました。

これは実際に大切なことです。

 

しかし、彼の最初のレースは予想が外れてしまう。

ルール上、そこで帰るべきだったのです。

しかし若い彼は、外れた怒りでルールを忘れ続行

 

1か月分の給料を失ったとも言いますね。

冷静になったバフェット氏は、ルールを忘れたことを強く反省。

この出来事が、ルール2を作ったと思われます。

投資家もそうでない人へも名言を

このような世界レベルの偉人は、膨大な名言を残します。

というか、話す言葉が名言に聞こえますw

参考にして、自分の糧にしてみましょう。

 

時代遅れになるような原則は、原則ではない。

バフェット氏は現在88歳ですが、19歳の時読んだ本で投資を学びます。

その手法は現在でも通用することから、このような名言が生まれました。

 

株が下落した時に売ってはいけない。むしろ買うべき。

これが彼の方法ですね。みんなが不安な時に勝負し、勢いが出たら怖さを感じて売りに出す。バフェット法ともいえるでしょう。

 

株を買うのではなく事業を買う。

投資というと、株を買うという意識がありますが、彼曰く事業を買っていると思うべきだそう。これは彼が短期ではなく、長期で保有するためで将来性を見ろと言う事でもあると思います。

 

幸せとお金は別物である。

これこそ、投資家以外にも伝えたい言葉でしょう。特に、世界で最もお金を持っていた彼が言うからこそ価値がある。貧乏でも幸せになれる人もいるし、お金があっても不安を抱えて幸せになれない人もいる。仕事に生きて自分を愛することが出来ない。それらに対する答えですね。

成功者の言葉に耳を

彼に限らず、成功者の言葉には耳を傾けてみましょう

全てでなくても、自分を高めてくれる、モチベーションを上げてくれるものは沢山あるはずです。

 

僕はバフェット氏の考えとか好きですが、これに反対する人もいます。

もちろん、万人受けする人や物はありません。

だからその人に対して、何かを言ったりはしませんし、そういう意見もあるのかって思います。

 

ただ、彼の言葉に反対できるほど、あなたは凄い事をしているのですか?

そう聞き返す可能性はありますね。

何かで成功している人は、僕たちが知らない世界を見ています。

 

少しでも触れてみれば、新しいものが見えるかも。

本でも何でもいいので、感じてみてはどうでしょうか♪