スポーツ

サッカーアジアカップ決勝は日本対カタール!無敗同士の決着はいかに

ということで、2019サッカーアジアカップ決勝は日本とカタールになりました。

個人的にはザッケローニ監督のUAEが見たかったのですが、準決勝を見た感じまだレベル差はありました。

足元の技術がカタール代表の方が高く、そのあたりで決まったかな。

 

また、攻めの時のスピードも速く、サイドからサイドへのスピードも速い。

無敗という事、韓国代表に勝利したこと、ともにフロックではないでしょう。

そしてなにより、勢いを感じます。

 

ワールドカップの開催もあるカタール代表。

気持ちの面でも日本代表と同等か、それ以上であると考えます。

この勢いに勝てるのか、日本代表。

カタール代表との決勝は

当然のことですが、簡単にとはいかないでしょう。

イランを倒した日本ですが、前半にはそれほど差を感じなかった。

後半に点差がついたことで、いくらか楽に見えただけと言えますね。

 

そういう訳で、とにかく先取点は欲しいところ。

ただ、今大会を見ていると前半はエンジンのかかりが悪い

そう言った印象を日本代表から感じます。

 

メンバーを変更した3戦目で選手の動きが良かったと皆が思ったのも、これが原因では。

慎重な試合展開をしているように思えるので、その時間帯での失点は厳しい。

前半30分までで失点をされないかが、一つカギになるはず。

 

また、カタールには強いメンタルを感じました。

多少得点を取っただけ、特に1点取っても気は一切抜けませんね。

準決勝の完全アウェーを制してきているわけですから。

カタール代表のここが危険

準決勝を見ていても、攻撃の速さには驚きました。

もちろん、毎回速いという訳ではありませんでした。

しかしそれは、攻められないわけでなく、あえて時間を使っていただけ

 

相手のミスから中段あたりでボールをとってからのスピードは、かなりレベル高い。

右サイドからの攻めが目についたが、必ずしもそれだけではない。

 

それに、カタールには大会得点王もいますからね。

1回の攻撃で与える脅威は強く、これまでの活躍からも危険度は高い。

決勝の相手としてはこれ以上ないのでは。

トータルでは日本の方が上か

とはいえ、日本代表が負けているとは言いません。

個々の能力でも、日本の方が上かなという印象はあります。

特に選手層なんかを考えると、まだ差はあるかな。

 

ただし、カタール代表の成長力が怖いのも事実。

なんでも、ワールドカップ開催に向け、選手の強化を行っているとも。

その結果が今の決勝進出かも。

アジアのレベルアップも結構感じる大会です。

 

日本代表は組織においてカタール代表には負けていません

個々もそうですが、チームプレーは日本の得意スタイル。

アクシデントなどもありましたが、そこまで落ち込まないのが今の日本代表。

 

出られない選手の分まで頑張ってほしい。

アジアランク最上位のイランに勝てた自信をもって、決勝戦えれば。

無敗同士の決着は

どちらも決勝に進むにふさわしいチーム。

イランを制し、ここまで無敗の森保ジャパン。

韓国まで下し、無敗のまま決勝に来たワールドカップ開催国のカタール。

 

どのような結果になろうとも、素晴らしい試合にはなるでしょう。

恐らく、ほんの少しの小さな隙で決まることもあるでしょう。

それくらいの差だと考えるべき。

 

日本は前半失点されなければチャンス。

カタールは前半先取点を取りたい。

このような感じで見ればいいと思います。

 

どちらがチャンスをつかむのか。

激しく、厳しく、盛り上がる試合をぜひ見ましょう♪