スポーツ

サッカー日本代表は楽しみしかない!対コロンビアで見た可能性

少し遅れましたが、サッカー日本代表に関して。

コロンビア戦はチェックしましたでしょうか?

ここ最近、いろいろと因縁のある相手だと思いましたが、ワールドカップ時よりも動きが良かったですねw

 

それでいて人数もそろっていたので、厳しい戦いになるかなと、正直思っていたのですが。

見ていた人はどう感じたでしょうか。

僕個人の意見を言えば、可能性しか感じなかった。

 

本番ではないとはいえ、それなりのメンバーをそろえていたコロンビア

ホームの有利を考えても、かなりいい試合をしました。

対コロンビアに強気のサッカー

まず評価できるのは、引いて引いての試合ではなかったこと。

メンバーを見ても、コロンビアが素晴らしい国であることは分かっています。

お金の話をしても、差はありますからね。

 

しかし終わってみれば、そこまでの差は感じませんでした。

差は本当に細かい点で、例えば決定力とか。

一発の攻撃の迫力とか。

 

ですが内容で言えば、そこまで負けている感じもなかったですし、勝って可笑しくない感じでしたよね。

長友選手や酒井選手、大迫選手もいない、それでも戦えました。

これは大きなことだと思います。

最も輝いていたのはやはり

香川選手の代表復活

やはり考えさせられましたが、内容には満足です。

ただ、それ以上に評価したい選手がいます。

 

恐らくですね、あのフィールドで最も輝いていたであろう選手。

それは中島翔哉選手です!

もうね、彼は本当に凄い。

 

まずは積極的に仕掛けていこうとする自信

そしてさらに、それが実際に通用するスキル

あんな選手が日本から出るなんて、考えられなかったし、あってもまだ先だと思いました。

それがあっさりと出てきましたからねw

 

特にかなりチャンスだった、鈴木武蔵選手のヘディングシュート。

パスを出したのは中島翔哉選手でした。

強烈なドリブルスキルを持っていて、さらにパスまで出せる

 

相手からしたら、最大の敵というか、最重要マーク選手でしょうね。

ですが詰めればドリブルで交わされますから、実際そういう場面も見られました。

あの日最も輝いたのは、中島選手で間違いないと思います。

新たな力が成長し期待は大きく

A代表だけの話ではないですが、下の世代にも注目選手は多い

競争が激しいのはイイことですが、それぞれの年代の選手が刺激を与えあう。

これが一番楽しみな点なんですよ。

 

これはサッカーだけではないですよね。

企業だって、若手が頑張り、上も頑張ればそれが理想。

どちらかがサボりたい、楽をしたいと思い始めれば、それが崩れ始めるスタート。

 

下が上を見て成長し、上が下に刺激を受ければ、自然と高いレベルに行けるでしょう。

今は特に、代表がその状態になっていると思います。

容易な世代交代は不要。

なにくそ精神で頑張れれば、それが実は理想なんだと思いますよ。

コロンビア相手に互角以上の内容で自信を

最後になりますが、今の日本代表は強い。

それはワールドカップを見ても分かります。

中島選手が他の選手に刺激を与えるし、影響された選手がまた刺激を返す。

 

これが理想の循環ですね。

今はそれがかなりうまくいっている。

そう判断できると思いますね。

 

コロンビア相手に強気の勝負が出来る。

それを見ているアンダー世代の選手たち。

これらの融合も、またステップアップできる要因に。

今の日本代表には楽しみしかないですね!