暮らし

お金の使い道に困ったら?覚えて損なし大事なこと1選

突然ですが、お金の使い道に困ってませんか?

不況なのか、そうでないのか微妙な昨今。

将来に向けて漠然とお金を貯めている人も多いでしょう。

 

でも、それって本当にいい事なのか

お金持ちになる人の思考や経験談をもとに、少し考えてみましょう。

ほとんどのお金を貯めているような人には特に知ってほしいですね。

お金を使わないとはどうなることか

まず、今回のテーマに関する大きな話題。

お金を使わないタイプの人。

別に僕は、これをダメという訳ではありません

 

お金だって、使い道は人それぞれで、文句を言えることではない。

それはどんな有名な人へだって、そうでない人だって同じです。

だから僕は、日本のあの人が月へ行こうがそうでなかろうが、多くを言いませんでしたし、書きませんでした。

 

ですが、お金を使わない人には少し驚きます。

物欲がない人もいるでしょうが、それならいいんです。

ただ、やたら「将来のため」を繰り返すような人。

 

少し心配ですね。

たしかに、若いころからお金をためておくべきと多くの人は言います。

それは事実だとも思えますしね。

 

ただ、真にお金を多く持つ人は、そのうちの何割かを投資というものに回します。

お金を使うという事は、何かに対しての投資であるんですね。

例えば、本を買えばそれは自分に対する投資に。

 

わかりやすいのは株ですが、お金を使うという意味では多くの事が投資に。

つまり、お金を使わないという事は、投資をしないという事につながる傾向があります。

 

そこで質問したいことが。

それって本当に、あなたの将来のためになってますか?

お金持ちはお金を使う傾向に

よく、お金持ちはお金を多く使うという事を聞きます。

それを聞くと、僕のような一般人は「お金があるから使えるんでしょ」って思うんですよね。

まぁ昔はそう思いましたよw

 

そもそも、それ自体は間違っていないでしょうしね。

ただ、アメリカなどのお金持ちを知ると少し考えが変わりました。

 

というのも、彼らの中には大金持ちになる前からお金を使っていたと。

そう言う人が多いのがわかりました。

お金持ちになるような人は、お金の使い方が上手だと。

 

今ならはっきりとわかります。

お金を増やすなら、お金の使い方を学ぶべきと。

リスクのないことは存在しない

お金を貯めて、使おうとしない人に多く使われる言葉があります。

リスクという単語。

これがまさにそうですね。

 

お金を使う事は、投資と呼ぶことが出来る

ただし投資にも、もちろんリスクは存在します。

 

お金を貯めるという事は、それをしている間には減ることはないと。

よく使わない人が使う理論です。

 

それは確かに間違いではありません。

貯めようと思えば、しっかりと将来へ向けて貯められるでしょう。

しかしそのお金を増やすことは出来ません

 

例えば退職すれば、それを崩していくだけの生活。

そしてそのころには増やす術を知らないため、本当に減るだけです。

それに恐怖を抱くと、変な話をうのみにしてしまったり。

 

つまり、自分への投資が出来ていないため、決まった生活しかおくれないのです。

もちろん、自分は最後まで質素に生活できる、するという人にはいいかも。

でもそれって、リスクのない生活なんでしょうか。

 

お金持ちは言います。

投資しないこともリスクであると。

何もしないという選択は、時に大きなリスクにもなるんです。

 

この世にリスクのないことはありません

僕は本当に、そう思いますね。

リスクのない事って、強く言われるときは大体詐欺とかですからw

お金について今回最も伝えたいのは

最後になってようやく、僕の言いたかったことを。

それは、お金こそが最強のお金を稼ぐツールであると。

 

結局ですね、お金を増やそうと思えばお金が一番なんです。

努力とかも必要ですが、それはお金が無ければ行動すらできない。

それに、多く持っている人が何事でも有利なのは知っての通り。

 

世界最高の投資家であるバフェット氏は、世界長者番付で上位の常連。

投資、つまりお金の使い方が上手というだけでこのレベルにまでいけるんです。

侮れませんよね。

 

投資はリスクのあることですが、しないこともまたリスクあり

お金の使い道に困っている人は、ぜひ自分への投資かお金を増やすことに投資しましょう。

お金こそ、お金を増やす最強のアイテムなんです。