スポーツ

サッカー日本代表がコートジボワール代表に勝利!内容を評価してみる

サッカー日本代表vsコートジボワール代表が終了し、見事日本代表がゴールを決め1対0で勝利。ようやく見られたゴールですが、思っていた形とは違う展開からのものでした。体格の強い相手にセットプレーから決められるとは。

しかも交代したばかりの植田選手がドンピシャのヘディングでしたね。パスを出した柴崎選手も素晴らしかったですが、走り込んでいた植田選手の動きも際立ちました。相手の裏をとって決めきったのは評価できますよね。

試合全体に関しては、前半からのプレスはあまり見られなかった。カメルーン戦のように前から奪うような動きはなく、おそらくカウンターをさせない守りにしていたのかなと思いました。

攻撃のスイッチが入ると一気に迫ってくるコートジボワールのシステム、よく失点0で終われたなと思います。最終ラインの吉田麻也選手や冨安選手が簡単に抜かせなかったのは大きいでしょう。

特に冨安選手は相手の強力な攻撃をほとんど防いでいましたからね、1対1でも体で負けず、今後さらに楽しみが増しました。

先発だった久保建英選手ですが、すこしボールロストや大事な場面での判断が遅いことが目立ちましたかね。とはいえ、やはり1対1になると鋭さを見せ、狭いスペースからでも攻撃につながるパスを何度か見せました。もう少し調子が良ければ、相当期待できますね。

リズムが良くなったのは後半戦からでしょうか。カメルーン戦のように前からプレッシャーを与えに行けましたし、ピンチもありましたが、最終ラインがこらえてくれたおかげで前もやりやすかったはず。

個人的なMVPは伊東純也選手ですね。スピードを活かしたプレーが多く、カメルーン戦でも感じましたが攻撃でも守備でも動きがよく見えました。最後のクロスの精度だけでしょうね、とはいえ昨日は中に入る選手も少なかったのが大きいかと。

それから遠藤選手も素晴らしかったですね。中盤でボールを奪えますし、いいところにいてくれるので試合が安定します。こういう選手は非常に価値あるので、今後も代表として期待できるかと思います。

これで2戦が終わりましたが、今後国内組をどう使っていくのかも気になる。海外組がやはり能力高そうですから、アピールも相当必要でしょう。代表争いは、やはり確実に厳しさを増していると思います。

サッカー日本代表vsコートジボワール代表!アフリカ勢対策はあるかサッカー日本代表がワールドカップなどで必ず苦戦する対戦相手が存在する。それがアフリカ勢です。個々の身体能力が高く、足も長いため通常なら交...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です