スポーツ

平成最後の皐月賞!サートゥルナーリアでルメール騎手の2週連続Vか

今週は先週に続き、平成最後のクラシックレースが行われます。桜花賞では人気を集めたグランアレグリアが快勝。

鞍上のルメール騎手はドバイから帰国して桜花賞連覇を達成しました。

しかしですね、今週のG1でもサートゥルナーリアという注目馬に騎乗しますので、平成のG1を最後にルメール1色にできるかどうか、注目が集まります。

現在の最新オッズから見る注目度!

サートゥルナーリアに不安はないかと問われれば、はっきり言ってあると思います。

しかしそれ以上に能力も評価され、現在のオッズは単勝1.1倍という驚愕の数値に。

このまま当日まで行くとは考えられませんが、有名な馬であるディープインパクトは皐月賞出走した際、単勝オッズが1.3倍でした。

この馬で1.3倍と考えると、やはり今の1.1倍は行きすぎではあると思えますね。

しかしサートゥルナーリアも名血であることには違いなし。

人気を集めるでしょうが、不安要素をどこまで考えるかでしょう。

サートゥルナーリアの不安要素とは?

先程から書いているサートゥルナーリアの不安要素とは。

それはローテーションになります。

桜花賞でも話題になりましたが、こういったビッグレースには前哨戦というものが存在し、わかりやすくいえば1度レースを使って実戦経験を積ませる。こういった事を競馬ではよくするんです。

少し前で説明すると、レイデオロという強い馬が同じローテーションで皐月賞に挑んでいました。この馬自体、ダービーを勝利して有馬記念2着などする強さですが、それでも皐月賞では凡走しています。

少なくてもですね、これ以上の強さ・完成度がなければ、サートゥルナーリアには厳しいと判断できるわけですね。多くのファンは1.1倍という支持からも分かる通り、期待はされているのですが凡走する可能性も、それなりにあるという事です。

逆に言えば、ここで勝つようなら今後単勝オッズは凄い事になるとも言えますがねw

はたして多くのファンの人気に応え、ルメール騎手とのコンビで勝利できるかどうか、ぜひ手に汗握る勝負を日曜日、チェックしてみましょう!