スポーツ

サッカー日本代表同士の対決!A代表の貫禄と五輪代表の収穫

突如として開催されることが決まった日本代表同士の対決。まるでゲームのような組み合わせですが、対戦予定のチームが来られず急遽決定したドリームマッチ。戦前の評価は意見が割れてましたが、A代表が3得点・無失点の圧勝に終わりました

オリンピック代表はオーバーエイジの3人をチームに入れました。つまりこれは、本来A代表に入るレベルの選手が移っているという事で、A代表としては主力の3人がいなかったという事を意味しています、分かりやすい言葉ではハンデがあったと。

ただし監督も試したい事があるので、あえてその3人は使わずにスタートしました。が、開始早々一気のスピードで得点が入ります。試合を戦っているA代表の完成度は高かったですね。攻撃面でも守備の面でも、役割や連携がほぼ完ぺきでした。

前半厄介だったのは鎌田選手だと思います。ボールロストもないですし、チャンスとあらば自分でゴールまで決められる。相手からすると嫌な選手だったかなと思います、毎回ですが素晴らしいなと思える選手の1人。

A代表はオリンピック代表にほとんど攻撃のチャンスも与えませんでした。球際の強さ、間合いの取り方などさすがと思える差を見せつけました。

ただし後半、さらなる失点はありましたが遠藤選手が入って雰囲気は一気に変わりました。田中碧選手がプレーしやすくなり、攻撃力を上げました。守備でも危険だと思えばボールに絡んでいく遠藤選手、正直あの少しの時間でぶっちぎりにスキルの高さを見せつけました

11人のスポーツとはいえ、1人の強力な選手でここまで流れが変わるのかと。残る2人も素晴らしい守備力を持っているので、連携面などの練習ができれば変わって来るなと思いました。

A代表は勝って当たり前という試合をよく受けてくれたなと思います。後輩たちの成長をアシストするような、そんな1戦だったと評価します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です