スポーツ

平成最後の天皇賞春はフィエールマン!鞍上ルメール3週連続G1勝利

平成最後の中央競馬G1レース。天皇賞春はやはり大勢の人が楽しんだようです。連休はもちろんの事、最後の締めということもあり注目度はそれなりに大きかったでしょう。

注目されたのはルメール騎手騎乗のフィエールマンと、同馬に菊花賞で接戦を演じたデムーロ騎手騎乗のエタリオウ

結果はルメール騎手のフィエールマンが勝利しました。最後は戸崎騎手騎乗の、グローリーヴェイズが迫りましたが振り切り。ルメール騎手は平成最後のG1を勝利し、3週連続での勝利になりました。

注目されたエタリオウですが、離された4着に敗れました。スタートしてから大きく後ろに下げましたが、力があるとはいえ厳しい結果になりましたね。

ただ鞍上も言うように、難しい馬ではありますから、勝つためには思い切った騎乗が必要だと判断したのでしょう。

スタミナ比べになればよかったのですが、ディープ産駒のワンツーという事でスピード勝負にもなったようです。3着4着馬はスタミナ系の血統ですから、そう判断できますね。

勝利したフィエールマンは運も良かったでしょう。今年の天皇賞春は頭数が少なく、不利だと思われる外枠にいてもそこまで苦にならなかった。力と運、かみあえば最強の条件ですからね。

終わってみればディープ産駒のワンツーという事で、最後の最後にディープインパクトは素晴らしい結果を残せたわけです。自身が平成に残した大きな記録、それを継ぐ馬の誕生は、なんともドラマチックな展開だったわけです。

香港ではステイゴールド産駒のウインブライトが勝利。ステイゴールドも喜んでいることでしょう♪