ビジネス

投資の神様バフェット氏が日本の大手商社5社株式購入!今後の期待も

投資の神様ウォーレン・バフェット氏が日本の株式市場へ興味を示したのか。日本の大手商社である5社の株式をそれぞれ5%越獲得をしたと発表された。

内訳は、伊藤忠商事、住友商事、三井物産、三菱商事、そして丸紅の5つの株式であるそう。バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイが子会社を通じての購入であると発表。今後は最大で9.9%まで保有を増やす可能性もあると発表。

その影響で31日の関連会社の株価は値を上げました。これに関しては当然でしょうという部分ですが、今後も増やす可能性があるとは、それだけ期待しているという事でしょう。同氏による日本市場に上場する個別株の大量購入は初の事

長期保有とのことで、ここもバフェット氏の投資基準が変わっていないことを示してる。つまり、将来を考えた結果、現在の評価が割安と判断され、同時に将来にわたって成長を続けるであろうと認められたという訳です。

これまで日本株を購入してこなかった投資家による投資は、かなり貴重であると同時に今後へ向けて少し明るいニュースとなるでしょう。日本もまだ成長の余地がある、そう考えることもできるかもしれませんね。

世界最高の投資家ウォーレン・バフェット氏の名言!氏のルールとは少しでも投資に興味がある人ならば、それともお金に興味がある人ならば。 大抵の人が、ウォーレン・バフェットという名前を知っているでし...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です