ビジネス

均衡するアメリカ大統領選!僅かにトランプ氏が優勢なのかという印象

アメリカ大統領選挙が行われていますが、まだまだ大きな舞台で集計が行われている所。バイデン氏がトランプ氏を離す場面もありましたが、トランプ氏も確実に押さえるべきポイントは押さえており拮抗している模様

今後の展開ですが、まだハッキリとどちらが勝利とは言えない状況でカギを握るのは郵便投票であると。この武器こそがバイデン氏の方が優勢と言われていますが、一方でこれを受け付けないと語っているのが現職のトランプ氏。

もし仮に郵便投票が認められれば、バイデン氏に流れは来るでしょうし、それを予測しているからこそトランプ氏は受け付けないと言っているのでしょう。郵便投票は一応ルール通りなので簡単には無効にできないでしょうが。

それでも言えば実行してきた人物なだけに、バイデン氏の最後の武器が発動することなく終わる可能性は否定できないでしょう。

選挙結果次第では、長期化する可能性もあるためその際の株価は個人的にも心配な部分ですね。メディア等で言われていたバイデン氏有利はやはり厳しい結果で終わりそう、拮抗見せてますが優勢なのはトランプ氏に思えます。

最後の武器、郵便投票の重要さ、これを巡る争いがやはり行われると思いますがどうなるでしょうか。日本のメディアの取り上げ方にはバイデン氏寄りな雰囲気も感じますが注目して見ていきましょう。日本に関係ない話ではないですからね。

アメリカ株の下落続く!コロナ感染急増で経済へのダメージに先行き不安大統領選挙戦で話題のアメリカですが、それだけではないのが今年の恐ろしいところ。世界中で今なお猛威を振るう新型コロナウイルスですが、またこ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です